BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • まな板皿の成形

    まな板皿を成形/大人数で食事/さいたま市の陶芸やまざ器

    2020/01/19
    文字通りまな板のような、まな板皿を成形する場面のご紹介です。 まな板とは昔の難しい漢字では「俎板(まないた)」と書いていたようです。 最近では、昔ながらの木材でできた長方形のまな板を見る場面は少なくなりましたが・・・やはり木でできた、まな板の風情は良いものですね。 本日は、グループや親戚が集まった場合など、大人数で食事をするときに重宝する「まな板皿」の成形についての投稿です。   まな板皿は...
  • 初回陶芸で楽茶碗を作る

    初回の陶芸は楽茶碗作りに挑戦/手捏ね成形/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/18
    埼玉県内のサラリーマンの方です。 この方は、茶道のご経験が豊富にある方でした。 ただ、ご自身で茶碗作りをしたことはなく・・・是非チャレンジしたいとのことで・・・ご参加くださいました。   今まで、色々なお茶碗を触っておられますので、ご自身で作りたい茶碗のイメージを持っておられました。 ですので、粘土成形は「手捏ね(てづくね)」と言われる、平板の上に粘土をパンケーキのように広げて・・・サイド...
  • やまざ器陶芸作業場ご紹介

    やまざ器陶芸作業場のご紹介/拡張工事完了/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/17
    さいたま市緑区の陶芸・陶芸教室「やまざ器」の作業場をご紹介いたします。 去年の暮れに作業場の拡張工事が完了いたしまして・・・現在、良い環境で陶芸を楽しむことができるようになりました。 是非 ご利用くださいませ。   さいたま市の「やまざ器」は、もともと小さな陶房ですので・・・陶芸にご興味のあるお客様を対象に、ご予約による少人数での個別指導を重視した陶芸教室を運営してきました。 しかしながら・...
  • 織部板皿の焼成

    オリジナルな板皿の焼成/織部の緑色/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/16
    オリジナルな板皿のご紹介です。 織部の緑色が綺麗な、和食に合う板皿です。 やまざ器陶芸教室の生徒さんの作品になりますが・・・石混じりの白土を使い・・・ザックリとした風合いで焼成ができました。 載せる料理を想像するだけで楽しい気分になりますね。   ここで少し織部の緑色に関し陶芸技術的なネタを書いてみますね。 緑色に発色する還元織部釉(シンリュウさんより仕入れ)という釉薬があります。 酸化で...
  • 高台に表情を作る

    珈琲カップの高台に表情を作る/オーダーメイドの 珈琲カップ/さいたま市の陶芸やまざ器

    2020/01/15
    珈琲カップの高台に表情を作り込むお話になります。 焼き物は、外観のフォルムが最初に気になりますが・・・その後、必ず裏返して・・・高台周りの表情を確認するものです。 焼き物の高台と言うのは・・・作者の思いを表現する場所でもあるのですね。 今回の投稿は・・・高台周りの表情をお好きな文字で作り上げるオーダメイド 珈琲カップのお話です。   高台周りの表情は・・・特に抹茶をいただくお茶碗では顕著です...
  • 竹筒型の花入れを作る

    素朴な花入れを作る/タタラで作る縦長の花器/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/14
    素朴な花入れを作っています。 竹筒をそのまま花入れにした花器です。 竹は、その姿に自然への愛着を感じますね。 作る段取りで言うと・・・竹は節があって・・・一区切りづつの節目を感じながら作っていくのが実に楽しいです。 今回の投稿は、粘土をタタラ上に成形し・・・竹の節を1段づつ積み上げて作る方法をご紹介いたします。 簡単に作れますので・・・陶芸初心者が、少し大きめの作品作りに挑戦する場合や、手びねり...
  • 作業場シンクの釉がけ

    作業場シンクの釉がけ/必要機材を自作/さいたま市の陶芸「やまざ器」

    2020/01/13
    陶芸作業場(陶芸教室)で使う手洗い用のシンクの釉がけを行いました。 シンクそのものは、去年(令和元年)の11月位に素焼きまで完了していたのですが・・・なかなか時間が取れず・・・やっと釉がけを行うことができました。 作業場の手洗いは必須なので・・・必要機材として取り組んでいた内容です。   釉がけの写真から完成時の色は予測不能なのですが・・・ 水色をベースに、茶や焦げ茶、紫など、釉が流れながら...
  • 珈琲カップを自作する

    珈琲カップの自作/陶芸初心者向け/さいたま市で陶芸体験

    2020/01/12
    珈琲好きの皆様。珈琲カップを自作してみませんか? さいたま市緑区の「やまざ器」では、陶芸初心者向けの珈琲カップ作りをお勧めしています。 陶芸が初めてのお客様に対しまして、分かり易い説明と共に、なるべく簡単なアプローチで作品作りを楽しんでいただけます。   写真は手作り感のあるシンプルなカップ&ソーサーです。 手びねりでカップを成形し、生乾きの時にヘラで削り模様をつけます。 また粘土の紐で把...
  • 向付の成形

    向付の成形/普段使いの器を作る/さいたま市の「やまざ器」

    2020/01/11
    向付(むこうづけ)という言葉をご存知ですか? 日本料理(懐石料理)などでは、ご飯や汁物が手前に置かれ、その向こう側の小さな器に旬の魚などの料理を載せた小鉢が出てくる場面があります。 その魚の刺身や、小さな器を指して向付(むこうづけ)と言っています。 最近の生活場面でも・・・お気に入りの料理をさりげなく向付に入れて食事の雰囲気を演出するのも・・・実に楽しいことですね。   本日の投稿は、少し変...
  • タタラで作る簡単な花入れ

    タタラで作る花入れ/縦長の器も簡単成形/さいたま市の陶芸教室

    2020/01/10
    本日はタタラで作る簡単な花入れをご紹介いたします。 タタラと言うのは陶芸用語で、粘土を引き伸ばして板状にした状態を指します。 通常、ローラーを使って板状に変形させますが・・・今回は、このタタラを使った縦長の竹筒状の花入れの成形です。   陶芸の粘土成形は、ある意味、粘土の重さとの戦いになるのです。 特に作品が大きくなると顕著で・・・ロクロ成形で大きな壺を作るのは・・・相当な経験が必要になりま...
  • 油滴天目茶碗のロクロ挽き

    油滴天目茶碗のロクロ挽き/オーダーメイド の商品作り/さいたま市の陶芸やまざ器

    2020/01/09
    本日は、久しぶりに油滴天目茶碗のロクロ挽きを行いました。 さいたま市の「やまざ器」では、オーダーを頂き製作するオーダーメイド の作品作りを行っています。 今回ご紹介するのは・・・オーダーメイド の「油滴天目茶碗」です。    まず最初に、油滴天目茶碗についてご説明いたしますと・・・水に油を注いだ時に発生する油滴文様のイメージから名前がついています・・・特徴のある小さな丸い文様のある黒釉をベース...
  • 陶芸体験・陶芸教室の勧め

    陶芸体験・陶芸教室の勧め/今年こそ陶芸にチャレンジ/さいたま市やまざ器

    2020/01/08
    陶芸体験や陶芸教室にチャレンジしてみませんか? 新しい年が始まり、何かにチャレンジする良いタイミングですね。 さいたま市の陶芸・陶芸教室の「やまざ器」では、陶芸初心者の方々を始め、今まで陶芸に興味があったのだけれど・・・なかなかチャンスに恵まれなかった方々に対しまして・・・わかりやすい説明や実技を行い・・・チャレンジしやすい環境を整えてお待ちしております。   陶芸体験は、陶芸初心者の方々へ...
  • 電気窯の焼成温度設定

    電気窯の焼成温度設定/自由プログラム/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/01/07
    陶芸窯の中でも一般的な電気窯の焼成温度設定について考察してみたいと思います。 ご存知にように、電気窯は灯油やガスを使って直接炎を燃やす代わりに・・・電熱線の放射熱による昇温効果を使って焼き物を焼成する窯であります。 窯のスイッチを押せば・・・設定したプログラム通りに焼成が完了するオートマチックな窯でもあります。本日の投稿は・・・内容的に少しマニアックな内容になりますが・・・電気窯の利点をうまく...
  • 織部焼絵付けの様子

    織部焼絵付けの様子/鉄絵を描く/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/06
    織部焼の絵付けの様子をご紹介いたします。 やまざ器の陶芸教室の生徒さんです。 今回初めて鉄絵(ベンガラを使った)の絵柄描きに挑戦しました。 鉄絵というのはベンガラや鬼板と呼ばれる鉄を成分とした絵の具を使い・・・焼き物の風景を作っていくものです。 絵柄を描くというと・・・絵画を思い浮かべる方も多いかと思いますが・・・実際には、絵画と言うより書道の領域に近い気がします。 筆を使って・・・自在な模様...
  • 電動ロクロ体験の勧め

    電動ロクロ体験の勧め/陶芸初心者/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2020/01/05
    電動ロクロ体験はお勧めです。 さいたま市の陶芸教室「やまざ器」では、電動ロクロ体験をお勧めしています。 陶芸が初めての方や、お子様まで・・・電動ロクロを使った作品作りを楽しんでいただけます。 電動ロクロは、手ロクロと違い・・・モーターの力でターンテーブルが回りますので・・・ある意味楽に作業ができる反面・・・慣れないと・・・なかなか思ったような作品ができない一面がありますね。 でも大丈夫です! ...
  • 織部篭花入れ3乾燥中

    営業開始です/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/01/04
    本日1月4日より営業開始しました。さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器です。 令和2年度もよろしくお願いいたします。 本日は、初めて陶芸体験するお客様も来られて、楽しい時間を過ごすことができました。 やはり初めてのチャレンジは一番印象が強く残ると思いますので貴重な体験になりますね。皆さまどしどし挑戦してくださいませ。   写真は、去年の暮れより着手していた織部篭花入れ3の乾燥状態を確認している場...
  • 令和2年は陶芸にチャレンジ

    令和2年は陶芸にチャレンジ/元旦散歩/さいたま市の陶芸やまざ器

    2020/01/01
    明けましておめでとうございます。 「令和2年、陶芸にチャレンジしてみませんか?」 さいたま市の「やまざ器」では、陶芸が初めてのお客様よりご経験者の方々まで・・・幅広いサービスを行っています。 ぜひお試しくださいませ。   元旦の今日、さいたま市のお天気は非常に快適でした。 近所の見沼用水に散歩に出ました。 快晴で風もなく・・・抜群の散歩日和でしたね。 今年もたくさんのお客様と陶芸作品作りを...
  • 3人兄弟で陶芸体験

    3人兄弟で陶芸体験/さいたま市の陶芸教室やまざ器

    2019/12/29
    令和元年年末の営業最終日は、お父さんが3人兄弟の子供たちを連れて御来店されました。 年子の3人で、10歳、9歳、8歳のお子さんでした。  前回の粘土成形の時は・・・かなり苦労して作業をしていましたが・・・今回の釉がけは順調に進み、出来上がりも良かったです。   一番上のお兄さんから、順番に釉がけをしてもらいました。 兄弟で観察しながら作業をするので、2番目、3番目とスムーズに作業が進んでいくのが面白...
  • 新作業場の工事完了

    新作業場の工事完了/さいたま市の陶芸やまざ器

    2019/12/28
    さいたま市の「やまざ器」では、新作業場の拡張・作業効率向上を目指して工事を進めていましたが・・・年内なんとか工事が完了いたしました。 工事の業者さんに頑張っていただいたのと、自分で出来る部分は進めていましたので・・・本日なんとか使用可能な状態になりました・・・ありがとうございました。   令和元年の年末は、明日の29日が営業最終日になります。 明日はご家族で陶芸を楽しんでいただけるお客様も御来...
  • 織部篭花入れ3の着手

    織部篭花入れ3の着手/さいたま市の陶芸やまざ器

    2019/12/27
    織部篭花入れ3に着手しています。 シリーズの3作目ですが、今回は篭花入れを二重構造にして、直接花を挿せるようにしました。 内側に青竹(竹筒)を模した筒状の花入れを作って、外側の篭の網目と上手くマッチさせるデザインを採用しています。   粘土は、穴窯用に使っていた長石珪石粒の入った土を使っています。 作り勝手は、本体が二重構造になっても・・・外側と内側を同時に紐作りで積んでいくだけなので・・・...
< 12 ... 22 >

埼玉の陶芸で楽焼や備前焼の器を製作・販売しているやまざ器では、大量生産の陶器にはない手作りにこだわった味わい豊かな器を得意としております。
オーダーメイドで備前の器を製作するほか、陶芸体験や陶芸教室も実施しておりますので、興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。
完全予約制・少人数制の陶芸教室では個別指導に重点をおき、その人の個性を活かした作品づくりをサポートいたしますので、初心者でも気軽にご参加ください。
埼玉で陶芸の販売を行っているやまざ器では、楽焼や備前焼の特徴や魅力、陶芸の楽しさなどをお伝えできるよう、ブログでさまざまな情報を発信いたします。
趣味としてこれから陶芸を始めたい方にも参考にしていただける話題を中心にお伝えいたしますので、ぜひ一度ご覧いただき、陶芸の楽しさを知ってください。