BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • 6歳児の陶芸体験

    6歳児の陶芸体験/恐竜に色をつける/さいたま市浦和で陶芸

    2020/10/29
    陶芸は、3歳くらいから体験できますが、本日のご紹介は6歳のお子さんで、大好きな恐竜に色を着けている場面でです。 子供さんも6歳になると道具をうまく使って作業できるようになってきます。 また自分の好きな色の好みもハッキリしてきますので、自分で作った恐竜に、好きな色の釉薬で色付けするのは楽しい瞬間だと思いますね。    子供さんの場合、初回は初めての場所で作業をすることになるので緊張していますが・...
  • 釉の重ね合わせ実験

    釉の重ね合わせ実験/発色の変化を楽しむ/さいたま市の陶芸教室

    2020/10/27
    陶芸の釉薬は、重ね合わせて使うと、驚くような色の変化をする場合があります。 陶芸教室の生徒さんには、率先して釉の重ね合わせの実験をしてもらっていますので・・・本日は、その辺の様子をご紹介いたします。   釉薬の発色をチェックする場合、素焼きのテストピースをたくさん用意して実施する場合もありますが・・・ハッキリ言って「面白くない!」ので・・・陶芸教室では、テストピースの代わりに、実際に使う食器...
  • 楽しいカップ作り

    楽しいカップ作り/陶芸用の粘土入門編/さいたま市で陶芸体験

    2020/10/25
    陶芸が初めてでも、楽しいカップ作りが満喫できます。 本日の投稿は、陶芸初心者の方々に向けた陶芸体験での「楽しいカップ作り」です。 また陶芸に必須な陶芸用の粘土についても説明したいと思います。 陶芸を楽しみながらオリジナルなカップ作りに挑戦してくださいね!   写真のカップは、2週連続でコーヒーカップ作りに挑戦してくれた女性のお客様の作品です。 大きめのカップがご希望でしたので、通常より多めの...
  • 紐作りで蹲

    紐作りのポイント/蹲(うずくまる)を作る/さいたま市浦和で陶芸教室

    2020/10/23
    本日は、陶芸教室の作業風景のご紹介です。 粘土紐(ひも)を下から順番に積み上げて作品を作る「紐作り」の様子です。 目指す作品は、蹲(うずくまる)と言って、人がしゃがんでいるような独特な風合いからそう呼ばれる小壺です。 もともとは畑仕事の種子を入れる種壺でしたが・・・茶の湯の場に登用され、花入れとして使われるようになった経緯がある壺です。    紐作りは、陶芸の粘土成形の中でもよく使われる手法...
  • 陶芸体験は楽しい

    楽しい陶芸体験/思い思いの作品を作る/さいたま市浦和で陶芸体験

    2020/10/21
    本日は、楽しい陶芸体験の様子のご紹介です。 特に説明の必要もなく・・・楽しい雰囲気が伝わってくる写真を使わせていただきました。 ありがとうございました。   子供さんの場合、知らない場所に来て陶芸を始めるわけですから、最初は緊張していますが・・・粘土を渡して粘土遊びから始まり・・・次第に笑顔になって、自由な作品作りを始めますね。 途中の休憩時間にジュースやお菓子を食べると・・・元気百倍になっ...
  • 上絵付け体験

    上絵付け体験/百均の皿に好きな絵柄を描く/さいたま市浦和で陶芸

    2020/10/19
    近年、百円ショップ(百均)の焼き物の品揃えが実に充実してきました。 色や形も豊富で頼もしい限りです。 そこで本日の投稿は「百均で買った皿に好きな絵柄を描く、上絵付け体験」のお話を進めることにします。 上絵付け体験で、オリジナルな絵柄のお皿を作ってくださいね!   まず、百均の焼き物(陶磁器)コーナーを見ると・・・シンプルながらも絵柄の入ったモノや、無地の器も数多く並んでいます。 今回は、写真...
  • 初めての釉がけ

    ご夫婦で陶芸体験/初めての釉がけ/さいたま市浦和で陶芸体験

    2020/10/18
    2週間ほど前、初回の陶芸体験に来られたご夫婦の作業の様子の続編です。 陶芸が初めての方々のご参考になるように、分かり易い言葉でご紹介したいと思います。 前回からの流れを言うと・・・1回目は、手ロクロを使って粘土成形を行いました。 今回の2回目は、粘土を乾燥させ、素焼きが終わった状態で釉がけを行う場面です。 釉がけと言うのは、焼成するとガラス化して色を発する材料(釉薬)を素焼きの素地に塗ったり、掛...
  • 焼き物で恐竜や動物

    焼き物で恐竜や動物を作る/さいたま市浦和で陶芸体験

    2020/10/16
    最近、陶芸体験で恐竜を作る子供さんが多くいるので、本日は焼き物で動物を作るお話でもしたいと思います。 ポケモンの影響なんですかね? 特に男のお子さんですと、着ているシャツやズボンに恐竜の絵柄が入っていたり、スマホでお母さんが恐竜を検索してあげて、それを見ながら粘土成形したりする場面が多くなっています。 最初は作業板の上で平面的な恐竜を作るのですが・・・少し慣れてくると・・・立体的な恐竜に進化し...
  • 織部篭花入れミニ

    手のひらに乗る個性的な花入れ/織部篭花入れミニ/オーダーメイド

    2020/10/14
    本日は、手のひらに乗る個性的な花入れのご紹介です。 花入れなのですが・・・水は入れられません(そこら中に穴が開いていますので)。 竹を編んで篭状にしたイメージの花入れです。 色は織部釉と言う緑色に発色する釉薬を変化をつけて掛けてあります。 名前は「織部篭花入れミニ」と呼んでいます。   織部篭花入れは、魯山人の作品を模して、より大きいものや小さいものを作っていましたが・・・どうも日常生活の中...
  • 6歳児の陶芸体験

    さいたま市で幼児の陶芸体験/6歳児とお母さん/粘土遊び

    2020/10/12
    最近6歳くらいの子供さんが、お母さんやお父さんと陶芸体験する場面が多くなっているので、本日の話題は「幼児の陶芸体験」の様子をご紹介いたします。 子供さんの場合、とにかく楽しく粘土遊びをすることが第一なので、やまざ器側も陶芸を教えると言うよりは・・・楽しく遊べる十分な粘土を用意し、道具や手洗い場などの環境を提供している感じですね。 楽しんでいってください!   写真の子供さんは6歳児で、家でも...
  • 少し大きめの皿を作る

    少し大きめの皿を作る/親しい仲間とのお食事用に/さいたま市浦和

    2020/10/10
    令和2年はコロナの影響で食事のスタイルも様変わりしたような気がします。 典型的なのが、自宅で少人数で・・・皿も各自で小分け(テイクアウト品を含め)して食べる・・・みたいなスタイルです。 ただ、やはり日本文化的(陶芸的)な観点で考えてみると・・・大きな皿に料理を盛って、皆でつついて食べる食文化に魅力を感じてしまいます。 まあそんな訳で・・・前置きが長くなりましたが・・・本日は、少し大きめの皿を作る...
  • 絵付けを楽しむ

    絵付け入門/さいたま市で陶芸教室をお探しなら

    2020/10/08
    陶芸作品に色をつけることは、陶芸の大きな楽しみの一つです。 本日は、釉薬を使った絵付けの基本的な概念(絵付け入門)を説明いたします。 陶芸教室での一コマを使い、入門者にもわかり易い内容でご紹介いたします。   釉薬は、陶芸材料店で売っている水で溶いた釉薬が一般的ですが・・・そもそもは、ガラス成分を含む原料(長石、珪石)をベースに木灰やカオリン(粘土質)、金属材料などを加えて調合した人工物です...
  • 大きめの作品を作る

    少し大きめの陶芸作品に挑戦/ご自宅陶芸

    2020/10/06
    季節もだいぶ良くなり秋の夜長の到来ですね。 本日の話題は、少し大きめの陶芸作品をご自宅で挑戦するご提案です。 粘土成形のサイズが大きくなると、それに合わせて製作日数も多くなりますが・・・粘土は乾燥状態をコントロールすることで、ヘラで削る最適な状態をキープしながらマイペースで作業することができます。 ですので・・・日常使いのカップやお茶碗作りとは違う、豪快でスケールの大きな作業を楽しむことができ...
  • ご夫婦で陶芸体験

    10月はご夫婦で陶芸体験/記念日に陶芸を楽しむ

    2020/10/04
    10月に入りだいぶ過ごし易くなってきました。 本日はご夫婦で陶芸体験されたお客様のご紹介です。 お揃いのコーヒーカップ作りに挑戦してくださいましたが、お話を聞くと・・・ご結婚10周年記念に陶芸体験を選んで下さったそうです。 楽しんでいただけて良かったです。   このご夫婦は、さいたま市内にお住まいですが、レンタルの電動自転車を使ってお越しくださいました。 10月に入り天気も良いので、サイクリングも...
  • 和風のカップを作る

    さいたま市で陶芸教室をお探しなら/土灰釉で和風のカップを作る

    2020/10/02
    本日は、和風のカップを作るお話です。 陶芸教室の生徒さんの作品を題材に、若干突っ込んだ釉薬や釉がけの話題なども含め「やまざ器陶芸教室」の様子をご紹介いたします。 さいたま市近郊で陶芸教室をお探しなら「やまざ器」をご確認くださいませ。   写真のカップは、信楽の砂けの多い白土を使い、土灰釉を還元焼成した作品です。薄い青味がかった薄緑色が綺麗な作品ですね。 土灰釉と言うのは、長石(福島長石など)...
  • 陶芸作業台を作る

    ご自宅で陶芸/陶芸作業台を作る/さいたま市のやまざ器

    2020/09/30
    最近ポツリポツリとご自宅に陶芸作業台を設置するお客様がおられますので、本日は、ご自宅用の陶芸作業台を作るポイントなどを書いていきます。 日曜大工で簡単に作れますので・・・ご参考にどうぞ。   陶芸作業台と一般のテーブルや机との違いは・・・台の剛性(しっかり感)です。 陶芸は、粘土をこねる場合(一般的に言われる菊練りなど)、自分の体重をかけての作業になりますので、体重をかけたときにガタついた...
  • お父さんと陶芸を楽しむ

    さいたま市で陶芸体験/お父さんと陶芸を楽しむ

    2020/09/28
    さいたま市内のお客様のご紹介です。 お父さんと一緒に陶芸を楽しんでいる6歳の娘さんの様子です。 前回は粘土成形を初めて行い、今回、釉がけに挑戦してくれました。 子供さんの場合、やはり色々な色を使いたがりますので・・・なるべくご希望に応えられるように多くの釉薬を準備します。 そして子供さんが作業を進めていく中で、手を洗ったり、筆を洗う場面が出てきますので、自然と作業の流れや、陶芸の段取り、片付けな...
  • 出来立て茶碗で抹茶

    出来立ての茶碗で抹茶を飲む/楽焼体験フルコース/さいたま市やまざ器

    2020/09/26
    先日函館より楽焼体験フルコースに参加されたお客様の第二回目(楽窯焼成)が無事に完了しました。 このお客様は、抹茶と茶筅をご持参されていて、ご自身で作った出来立ての黒楽茶碗で早々に抹茶を味わっていました。 お疲れ様でした。 無事に黒楽茶碗が焼成できてほっとしました。   以下に黒楽茶碗焼成の様子など、ちょっとだけ突っ込んで書いてみます。ご興味のある方のご参考に。   今回の黒楽茶碗の釉薬は...
  • 手ロクロを自作する

    安価な材料で手ロクロを自作する/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/09/24
    本日の投稿は、手ロクロの自作についてです。 ネットやホームセンターで入手できる安価な材料を使って手ロクロを自作するお話です。 最近は、自宅で過ごす時間が増える傾向にありますので・・・ご自宅で陶芸を楽しんではいかがですか?   粘土成形する場合、手ロクロがあると粘土成形がたいへんやり易くなります。 ただ金属の手ロクロは、お値段が高いことと・・・重くてかさばるので・・・結構取り扱いに難儀します。...
  • 四角い茶碗を作る

    信楽の土と緋色/四角い茶碗を作る/さいたま市浦和で陶芸

    2020/09/22
    以前、信楽の土を使って四角い茶碗を穴窯で焼いたことがありました。 本日は四角い茶碗にまつわるお話を進めます。 私自身の四角い茶碗の発端は・・・長次郎の「ムキ栗」です。 楽茶碗の中で唯一、四角い形で異彩を放っている茶碗です。 現物を何度か観ているのですが・・・独特な雰囲気で、見込みの中に吸い込まれそうな錯覚すら感じる作品でした。 茶碗の上半分は四角で、下半分は丸い・・・この特異な形状が、400年以上...
< 12 ... 31 >