BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • 楽茶碗を焼く

    埼玉で陶芸【楽茶碗を焼く】

    2019/02/28
    さいたま市で陶芸製作・陶芸教室をしています山崎勝実です。【やまざ器】と言う屋号で活動しています。今回は、楽窯で焼く楽茶碗の紹介です。志野などを焼くときに使う「もぐさ土」を使い自作の「長石釉」で焼いてみました。   楽窯は、一般的にはあまり焼成温度を上げない(上がらない)焼成を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、炭火を使って空気さえ送り込めば、ゆうに1300℃まで上げられます。【やまざ器】では、...
  • 粘土は優秀な材料

    埼玉で陶芸【粘土は優秀な材料】

    2019/02/27
    埼玉で陶芸をしてます山崎勝実です。今日は「粘土は優秀な材料ですね!」というお話です。 ・粘土は、手でもロクロでも自由に形を作れます ・粘土は、乾燥すると硬くなって変形しなくなります ・乾燥して硬くなった粘土も、水に漬けるとまた元に戻ります ・粘土は接着剤なしで、粘土同士で接着できます ・粘土は、「素焼き」すると水に溶けなくなります ・粘土を「本焼き」すると「焼き物」になります   ...
  • シンプルなソーサーを作る

    埼玉の陶芸教室【シンプルなソーサーを作る】

    2019/02/26
    シンプルなソーサーを作っています。これ以上簡単な方法はない!って言うくらいの作り方です。写真をみただけで、作り方はわかってしまいますね。 特に説明もいらないと思われますが、あえて書いてみます。 ・粘土をローラーで引き伸ばしタタラを作る ・タタラに織り目模様のある布などを押し当てて模様を転写する ・必要な大きさ、形にカットする ・必要な箇所を折り返して乾燥させる   このソーサーは、...
  • 手作りカップ製作の自由度

    埼玉で陶芸【手作りカップ製作の自由度】

    2019/02/25
    さいたま市緑区で陶芸をしてます山崎勝実です。最近は、手作りコーヒーカップ製作で言うと、こんな感じのカップに釉がけする場合が多くなっています。 色のグラデーションや陰影を上手く引き出せるように、粘土成型時に溝を掘ったり、何種類かの釉薬を重ねがけしてコントラストをつけるようなやり方です。 釉薬は、焼成時に差こそありますが、必ず流れますので溝の影響を受けます。複数の釉薬を重ねがけしていると、その...
  • 陶芸教室の丸椅子

    埼玉で陶芸【陶芸教室用の丸椅子】

    2019/02/24
    【やまざ器】では、陶芸教室の生徒さんが作業するときに丸椅子を使ってもらっています。陶芸は、立ったり座ったり、向きを変えたりと、色々な姿勢で作業するので、作業者の自由が効く「丸椅子」は、たいへん重宝しています。特に自作の「丸椅子」なので、作業の種類によって高さや足の角度を微調整しながら作っています。材料の木材は、ホームセンターの端材売り場で仕入れるので、多少手間はかかるもものの、安いからいいです...
  • 大宮第2公園大陶器市

    埼玉で陶芸【やまざ器】大宮第2公園大陶器市

    2019/02/23
    さいたま市緑区で陶芸の【やまざ器】です。本日は、大宮第2公園で開催されている「大陶器市」にお邪魔しました。毎年2月の中頃に「梅まつり」と題して陶器市が行われています。全国の窯元さんが商品を持ち込むので、品数は相当なものです。九州や山口からもエントリーしているので、ホントご苦労さまですね。 お客さんの数も相当なものです。本日10:00よりオープンですが、すでに全ての駐車場が満杯でした。 これだけ焼き物に...
  • 作業の様子

    さいたま市の陶芸教室【お一人でのご参加も大丈夫です】

    2019/02/22
    さいたま市緑区の陶芸教室【やまざ器】です。【やまざ器】では、ご予約による個別指導を行っていますので、「お一人でのご参加も大丈夫です!」 生徒さんのご希望や進み具合に合わせた指導を行っていますので、マイペースでやっていただけますよ。  内容的には、カリキュラムに沿った指導ではなく、色々な作品を作る中で陶芸の楽しさや技術を身につけていただく方針でやっています。  いくつか作品を作りながら、み...
  • 油滴天目カップ&ソーサー

    埼玉の陶芸【油滴天目のカップ&ソーサー】

    2019/02/21
    さいたま市で陶芸をしてます山崎勝実です。 今回は、「油滴天目」のカップ&ソーサーを焼きましたので、ご紹介いたします。あまり聞きなれないかもしれませんが、「油滴天目」の茶碗は、国宝になっているものが一碗あって、かなり昔、中国から渡来した茶碗です。油滴の粒が綺麗に茶碗全体に広がっていて、とても印象的な茶碗なのです。   【やまざ器】では、一品物の製造販売と陶芸教室を運営しておりますが、 一品物は...
  • 楽しい皿作り

    さいたま市の陶芸教室【楽しい皿作り】

    2019/02/20
    さいたま市緑区の陶芸教室【やまざ器】では、楽しい「お皿作り」を行っています。先日のブログ投稿で、釉がけの方法を何種類か紹介しましたが、今回は、その皿が焼き上がりました。 どのお皿も作り方は簡単で、陶芸教室や陶芸体験の生徒さんが楽しみながら作ることを前提にしています。 色合いは、若干「春」をイメージしたパステル調の「緑」「濃い緑」「黄色」「白」「茶色」「こげ茶色」などを基調にしました。釉が厚...
  • 電気窯で還元焼成

    埼玉で陶芸【電気窯で還元焼成】

    2019/02/19
    電気窯で「還元焼成」をするお話になります。さいたま市緑区の【やまざ器】では、シンリュウさんの200V電気窯を使っています。10.5KWの窯なので、陶芸教室的には大きな窯ではありませんが、コンパクトで使い勝手もよい窯です。断熱性能もしっかりしているので、ゆっくり冷やしたいときに、ゆっくり冷えてくれるのでありがたいですね。   写真は、還元焼成している状況ですが、最高温度は「1270℃」の設定で、プロパンによ...
  • 陶芸教室で作るカップ

    さいたま市【陶芸教室で作るカップ】

    2019/02/18
    陶芸教室の生徒さんに、なるべく簡単な方法で時間をかけず、出来栄えの良い作品を作ってもらいたいので、方法を試行錯誤しています。特にコーヒーカップやマグカップは最初に作りたい作品の筆頭になるので、なるべく簡単に作れるといいですね。   【やまざ器】(さいたま市緑区)では、カップを作る際、粘土を成形する方法をいくつか生徒さんに提案していますが、やはり圧倒的に多いのは、「手びねり」ですね。 「手びね...
  • 自作の酒器でワイン

    埼玉で陶芸【自作の酒器でワイン】

    2019/02/17
    かなり前に作った備前緋襷(びぜんひだすき)の酒器でワインを飲んでみました。 ロクロの手跡と言うか、手で押さえつけて、粘土がバランスを崩し、ねじれ始めたところで「寸止め」にした器です。自分の手跡なので、自分の手には良くなじみます。そしてやはり焼締めの器で飲む酒は「美味い!」ですね。   緋襷は釉薬を使わずに、器に「ワラ」を巻き付けて焼成します。 もともとは焼成時、器同士がくっつかないように、...
  • 油滴天目のカップ

    埼玉で陶芸【油滴天目のカップ釉がけ】

    2019/02/16
    さいたま市緑区で陶芸をしてます【やまざ器】の山崎勝実です。   油滴天目模様のコーヒーカップでも焼いてみようと思い立ち、釉がけをしました。 【やまざ器】では「油滴天目」の器を数多く焼いているので、「ご質問」や「オーダー」などある場合、「お問い合わせ」をお願いいたします。   釉薬は、自分でも作るのですが、今回は、シンリュウ信楽支店の「藤原さん」にお願いして作っていただいた釉薬を使ってい...
  • パステル皿その2

    さいたま市の陶芸教室【撥水剤で釉の掛け分け】

    2019/02/15
    さいたま市で陶芸・陶芸教室の【やまざ器】です。   陶芸教室でも作り易い「パステル調の皿」を「釉を掛け分ける」方法で紹介します。 今回は、釉薬を掛け分ける時に「マスキングテープ」と「撥水剤」を使いました。   写真のように表面の五角形部分にマスキングを施し、五角形をきっちり筆で描き、その釉薬の上に撥水剤を塗ってしまいます。裏面も施釉後、釉面に撥水剤を塗って防御してしまいます。 撥水剤...
  • 橋本忍氏の皹黒カップ

    埼玉で陶芸【やまざ器】橋本忍氏に会う

    2019/02/14
    さいたま市で陶芸をしている【やまざ器】の山崎勝実です。   本日は、札幌の陶芸家「橋本忍」氏が個展を行なっている渋谷の「うつわ謙心」にお邪魔しました。 「橋本忍」氏のYouTubeの陶芸画像は何度も拝見しておりますが、お会いするのは初めてでした。 動画の通りの「気さくで自然体」の方でした。 店の内外を、お客さんが頻繁に出入りしているにも関わらず、お相手をしていただき感謝です。   「橋本忍...
  • HPの写真変更

    埼玉で陶芸【やまざ器】HPの写真変更

    2019/02/13
    さいたま市で陶芸をしています【やまざ器】の山崎勝実です。 HPのTOPで表示される写真を、全て「愉快なキャラクターたち」の写真に入れ替えました。   【やまざ器】HPのTOP写真は、3枚が順番で表示されるのですが、今回すべて「にゃんこ」「ゾウさん」「さかなくん」「ピーマン」「とんがり帽子」などの「愉快なキャラクターたち」の写真に変更しました。 これらの「キャラクター」を【やまざ器】のイメージにしようと...
  • パステル調の皿を作る

    埼玉で陶芸【パステル調の皿を作る】

    2019/02/12
    さいたま市で陶芸をしてます【やまざ器】の代表:山崎勝実です。   今日は、正方形の平皿をパステル調に仕上げるべく、釉薬の掛け分けをしました。 まあ「試験焼き」になりそうなので、2枚の皿を使い、片方は、マスキングをしながら、 もう一方は、完全なフリーハンドで釉をハケ塗りすることにしました。   釉をきっちりと掛け分けるには、「マスキング」でラインを押さえ 釉の上から「撥水剤」を塗って、...
  • 陶板プレート作り

    埼玉で陶芸【陶板プレート作り】

    2019/02/11
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】の山崎勝実です。   今回ご紹介するのは、「陶板プレート」です。焼き物で絵を描いて作ったプレートのことですね。 作り方は実に素朴ですよ(笑)〜 素焼きしたプレートに釉薬を筆塗りしたり、イッチンというスポイト状の道具を使って釉薬を置いていきます。 お茶碗やコーヒーカップの釉がけと違うのは、陶板のプレートが平なので、釉薬を思い切り厚く塗ることができる点ですね...
  • 楽焼のご紹介

    さいたま市【やまざ器】楽焼のご紹介

    2019/02/10
    【やまざ器】では、炭火を使った自作窯で「楽焼」を焼いています。 「楽焼」の「陶芸体験」や「陶芸教室」もできますのでご利用ください。 直接炭火をコントロールする醍醐味や雰囲気のある作品作りをご希望の方にお勧めです。   「楽焼」は、千利休の時代、今から400年以上も前に抹茶を点てる「お茶碗」からスタートしていますので、「湯のみ」や「抹茶茶碗」を焼くには最適な焼成方法なんだと思います。 【や...
  • カップルで陶芸体験

    さいたま市【やまざ器】カップルで陶芸体験

    2019/02/09
    「カップルで陶芸体験」の一コマをご紹介いたします。   おひさしぶりですね〜 作品の素焼きが終わってから、少し時間がたちましたが「釉がけ」完了ですね〜!  お疲れさまでした!   陶芸は、お時間が空いても大丈夫です! 「粘土成形→素焼き」までが一つの区切りになります。素焼きが終わった作品は、焼き物として硬く丈夫になりますから、一安心です。 今回のように、釉がけは、お時間ができた時にい...
< 12 >

埼玉の陶芸で楽焼や備前焼の器を製作・販売しているやまざ器では、大量生産の陶器にはない手作りにこだわった味わい豊かな器を得意としております。
オーダーメイドで備前の器を製作するほか、陶芸体験や陶芸教室も実施しておりますので、興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。
完全予約制・少人数制の陶芸教室では個別指導に重点をおき、その人の個性を活かした作品づくりをサポートいたしますので、初心者でも気軽にご参加ください。
埼玉で陶芸の販売を行っているやまざ器では、楽焼や備前焼の特徴や魅力、陶芸の楽しさなどをお伝えできるよう、ブログでさまざまな情報を発信いたします。
趣味としてこれから陶芸を始めたい方にも参考にしていただける話題を中心にお伝えいたしますので、ぜひ一度ご覧いただき、陶芸の楽しさを知ってください。