BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • シンポRK-3Eロクロ

    ロクロ更新その後/シンポRK-3Eロクロ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/30
    さいたま市の「やまざ器」では、去年の暮れにロクロをシンポRK-3Eに更新しました。 半年ほど使い混んでみた印象をお伝えいたします。 以前に使っていたロクロが、1世代前のロクロだったので、作動時の音がしない!振動がない! のは当たり前かもしれませんが? 実際に使ってみると・・・予想以上に快適に使えています。 もっと早く更新しておいた方が良かったですね。   まあ、なんと言っても・・・最大のメリット...
  • 陶芸作品を飾る

    陶板を飾る/額を自作する/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/29
    先日より取り組んでいた陶板を飾ってみました。 額に入れる訳ですが・・・適正なサイズ(90cm四方)の額が売っている訳ではないので・・・自作します。 作品は、陶板4枚組の正方形なので、額も正方形です。 近所のホームセンターで、杉材がお手頃な価格で売っていたので購入し、早々に作ってみました。   額を自作する場合、何と言ってもポイントは・・・45度に切った部分の固定です。 接着剤で固定する際に、特殊な...
  • 陶板4枚組焼成完了

    焼き物の絵画表現/平らな板を作るのって難しい/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/28
    焼き物で絵画表現を楽しむ「陶板4枚組」の焼成が完了しました。 陶板と言うと馴染みが少ないですが・・・絵の描いてあるタイルのようなモノですね。 最近は、身の回りにはほとんど目にしなくなりましたが・・・駅の構内に絵柄を描いたタイルが貼り付けてある場面は結構目撃します。 また、日本各地の焼き物の街にいくと・・・必ずどこかで絵柄のあるタイルを目撃します。 焼き物と陶板と言うのは・・・結構歴史があるのです...
  • 蹲の焼成完了

    蹲の焼成完了/釉と緋色のバランス/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/26
    先日投稿した「蹲(うずくまる)」の焼成が完了しました。 信楽の焼き締めとは、雰囲気の違う焼成結果になりましたが、 おおよそ釉がけの時にイメージしていた、土灰釉とその合間に出る緋色のオレンジ色のバランスは・・・こんな感じでした。 まあ、良い悪いは別にして・・・普段使いの花入れとして使ってみたいと思います。   やはり器の全面に釉がけしてしまうと・・・どうしても単純な作品になってしまいますが、無...
  • 陶板4枚組作品の施釉

    陶板4枚組の作品を作る/釉薬の重ね合わせ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/25
    陶板4枚組の作品を作っています。 題材は、毎回同じで申し訳ありませんが・・・降雪時の「八ヶ岳・赤岳」です。 30cm四方の陶板を4枚組み合わせて、一つの作品を作ることになります。 複数の釉薬を重ね合わせて、陶板に絵画表現をすることを目指していますので・・・毎回、焼成するたびに反省材料が出てきます・・・ですので、同じ題材を何回も(何十回も)作ってしまいますね。   写真の様子は、施釉が完了したところ...
  • 蹲の施釉実施

    蹲の釉がけ/穴窯から電気窯焼成へ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/23
    古来信楽の焼き物で「蹲(うずくまる)」と言う作品があります。 人が蹲っているような風情から名付けられていますが、信楽特有の焼き締めの茶道具です(元々は、農家の種壺だった焼き物と聞いています)。 この蹲は、やまざ器の計画では、穴窯による焼き締めだったのですが・・・事情が大きく変わり・・・電気窯の還元焼成で良い結果を出すべく施釉を行いました。 本日は、その辺をご紹介いたします。   穴窯焼成です...
  • ご自宅陶芸を始める

    手ロクロで始めるご自宅陶芸/ご自宅で粘土成形に挑戦/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/22
    手ロクロで始めるご自宅陶芸はいかがですか? 陶芸は、手ロクロと粘土があれば、初めての方でもご自宅で作品作りを楽しめます。 ご自宅で粘土成形に挑戦してみてください。 極端に言うと・・・手ロクロはなくても大丈夫ですが、手ロクロがあると格段に作業がしやすくなりますので・・・お薦めです。 手ロクロは、直径180mmくらいの小型の物が使い易いと思います。 ネットで探してみてください。 ロクロの大きさが大きくな...
  • コロナ散歩の風景

    陶芸とコロナ散歩の風景/菜の花全開/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/21
    陶芸は、窯出しまでの窯を冷ましている時間は・・・すごく平和なひと時です。 陶芸の窯は、焼成が終わってから、温度が下がるまでに2日間ほどかかります。 大概はその間に次の仕込みが始まってしまうのですが・・・昨今の新型コロナ騒ぎで・・・どうしても運動不足になり・・・近所の見沼用水エリアに散歩に出ました。    どこまでも続く土手の両側に、見事な菜の花が咲き誇っています。菜の花全開です! マスクをし...
  • 陶芸を楽しむ!

    書道と陶芸の関係/陶芸を楽しむ!/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/20
    書道と陶芸の関係は未知数ですが・・・たまに書道をしています。 先日ホームセンターで切り株を斜めに切った材料が売っていたので・・・そこに「陶芸を楽しむ!」と書いてみました。   通常の書道と比べ・・・木材に直接文字を書く場合・・・かなり「思い切り!」が必要ですね。 書道の紙に何枚でもやり直しが効くのと違い・・・一発で決めないといけません! 思い切って・・・大胆に書いていきます。   やっ...
  • 漆黒の黒楽茶碗焼成

    漆黒の黒楽茶碗焼成/楽窯のミステリー/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/19
    久しぶりに漆黒の黒楽茶碗の焼成ができました。 黒い茶碗と言いましても・・・なかなか思ったような黒色が出ないので・・・「楽窯のミステリー」と呼んでいます(笑)。 自分好みの黒は・・・光沢の無い・・・吸い込まれそうな・・・漆黒の黒です。 今回の楽窯焼成は、いい感じで焼成できた気がします。 茶碗に・・・エネルギーを感じるような焼き上がりでした。   さいたま市の「やまざ器」では、もう何百回も楽窯焼...
  • オリジナルコーヒーカップ

    お気に入りのカップで味わう1杯のコーヒー/オリジナルコーヒーカップは「やまざ器」

    2020/04/18
    ご自宅で過ごす時間が長くなる今日この頃です。 お気に入りのカップで味わう1杯のコーヒーは・・・格別な味わいですね。 さいたま市の「やまざ器」では、オリジナルなコーヒーカップの製作販売を行っています。 量産品とは違う個性や質感が自慢です。 ぜひ、お試しくださいませ。   ●ご注文をいただいて作るオーダーメイド 商品です ●カップ&ソーサー1セットからご注文できます ●納期は3週間ほどです(1セ...
  • 釉薬を使わずに色を出す

    釉薬を使わずに色を出す/備前焼締め/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/17
    焼き物では、釉薬を使わずに色々な色を出す方法があります。 今回は、備前の土を使い、電気窯のサヤ鉢焼成で行う焼き締めをご紹介いたします。 焼き物では、古い言葉で・・・「一焼き、二土、三細工(いち焼き、に土、さん細工)」と言う言葉がありまして・・・古人は、一番大切な上位の位置付けに「焼き」を上げています。 要するに「焼き方」でガラッと変わってしまうことを表現しているのでしょうね? 二番目は「土」で...
  • 電気窯の炭化焼成

    電気窯の炭化焼成/陶芸教室生徒さん作品/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/16
    電気窯を使った炭化焼成のお話です。 陶芸教室の生徒さんの作品ですが、個性ある仕上がりだったのでご紹介いたします。 サヤと言われる道具土でできた容器の中に、炭や籾殻、薪などと一緒に作品を入れて焼成します。 電気窯の焼成中、窯内は酸化状態で運転されていますが、サヤの中は強還元状態で、モクモクと燻りながら燃えている状態だと思います。 作品は、釉薬を使わない焼き締めですが・・・事前に振り掛けておいた松...
  • 織部の彩りを楽しむ

    織部釉の彩り/織部釉を楽しむ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/15
    本日は、織部釉の彩りについて、思うところを書いていきます。 焼き物初心者の方に於いては・・・織部そのものが???かもしれません。  一般的には、織部と言うと・・・どうしても緑色の焼き物を想像するものですが・・・実は、それだけではないのです。    時代を遡ること400年以上ですが・・・秀吉や千利休・・・長次郎の名前は知っている方が多いと思います。 当時、茶湯の文化が大陸より伝播してきて・・・日...
  • 電気窯のサヤ焼成

    電気窯の焼成バリエーション/サヤ鉢を使った焼成/さいたま市の陶芸・陶芸教室

    2020/04/14
    電気窯の焼成バリエーションの一つである「サヤ鉢」を使った焼成をご紹介いたします。 電気窯の中で、サヤと呼ばれる容器(窯道具)に炭や籾殻、薪などを入れて、サヤの内部を還元や強還元の状態にして焼成する方法です。 写真の様子をご覧いただけると・・・ほとんど説明は入らないかもしれませんね。    電気窯の還元は、一般的には、プロパンガスのバーナーの炎を窯内に投入して、還元状態を作り出します。 ただし...
  • 水彩画を焼き物に再現

    コロナ自粛は陶芸を勉強するチャンス/水彩画を焼き物に再現/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/13
    コロナ自粛は、普段できない勉強をする絶好のチャンスだと思います。 さいたま市の「やまざ器」は、焼き物業をしてますので・・・焼き物の勉強を集中して実行する機会のような気がしますね。 当面、昔描いた水彩画を引っ張り出して・・・陶板(焼き物で作る絵画)を作る段取りを考えています。 普段は、陶芸一般の器作り(オーダーメイド商品)と、陶芸体験・陶芸教室の対応で、なかなか自由な時間が取れないのですが・・・...
  • ギャラリーに陶板を飾る

    焼き物ギャラリーを飾る/陶板を額に入れる/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/12
    新型コロナの影響もあり・・・さいたま市の「やまざ器」では、普段より自由な時間が取れますので・・・先日より取り掛かっていた「陶板」を額に入れてギャラリーに飾ってみました。 陶板が正方形なので、額も正方形の額を自作しています。 陶板の出来は・・・毎回反省点が出てきますので・・・相変わらず不十分なのですが・・・額に入れると雰囲気は、だいぶ良くなりますね(笑)。   陶板を額に入れる場合、絵画と違っ...
  • オリジナルコーヒーカップ

    オリジナルなコーヒーカップ作ります/オーダーメイド の器/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/11
    オリジナルなコーヒーカップをお作りいたします。 オーダーを頂いて作る「オーダーメイドの器」です。 写真のカップは、直線を基調にしたエッジの効いたデザインで作りました。 色もホワイト/ブラックのシャープな印象のカップです(カップ&ソーサーのセットです)。 ご自宅で過ごす時間が長くなる昨今ですが・・・お気に入りのカップで・・・至福のコーヒータイムをお味わいくださいませ!   <オリジナルなコー...
  • 織部篭花入れミニ完成

    織部篭花入れミニ完成/小さいことは良いことだ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/09
    先日ご紹介した「織部篭花入れ3」は、大きな作品でしたが、今回は、スモールサイズの「織部篭花入れミニ」のご紹介です。 重量にすると10kg と0.5kg の違いです。 ただ使った土や釉薬、焼成方法は同じなので・・・大きさこそ違いますが、同じテイストで仕上がっています。 小さいことは良いことだと思います。   「織部篭花入れミニ」は、手のひらに乗るサイズなので・・・非常に愛着が沸きますね。 工夫次第で、...
  • 陶板作りの施釉

    陶芸の新たな楽しみ方/陶板作りに挑戦/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/08
    昨日投稿した陶板作りの続編です。 陶板の施釉(絵付け)が完了しました。 写真のような感じで絵付けを行っていくのが、陶板作りの楽しみ方です。 陶芸の新たな楽しみ方かもしれまれん。 陶板作りに挑戦してみてください。    写真の陶板に使っている釉薬は、10種類でした。 その各々が重ねがけによる色合いの変化を楽しめますので・・・非常に創造的な作品製作が楽しめます。 陶板の絵付けの特徴は、立体的な器...
< 12 >