BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • 陶芸作業台を作る

    ご自宅で陶芸/陶芸作業台を作る/さいたま市のやまざ器

    2020/09/30
    最近ポツリポツリとご自宅に陶芸作業台を設置するお客様がおられますので、本日は、ご自宅用の陶芸作業台を作るポイントなどを書いていきます。 日曜大工で簡単に作れますので・・・ご参考にどうぞ。   陶芸作業台と一般のテーブルや机との違いは・・・台の剛性(しっかり感)です。 陶芸は、粘土をこねる場合(一般的に言われる菊練りなど)、自分の体重をかけての作業になりますので、体重をかけたときにガタついた...
  • お父さんと陶芸を楽しむ

    さいたま市で陶芸体験/お父さんと陶芸を楽しむ

    2020/09/28
    さいたま市内のお客様のご紹介です。 お父さんと一緒に陶芸を楽しんでいる6歳の娘さんの様子です。 前回は粘土成形を初めて行い、今回、釉がけに挑戦してくれました。 子供さんの場合、やはり色々な色を使いたがりますので・・・なるべくご希望に応えられるように多くの釉薬を準備します。 そして子供さんが作業を進めていく中で、手を洗ったり、筆を洗う場面が出てきますので、自然と作業の流れや、陶芸の段取り、片付けな...
  • 出来立て茶碗で抹茶

    出来立ての茶碗で抹茶を飲む/楽焼体験フルコース/さいたま市やまざ器

    2020/09/26
    先日函館より楽焼体験フルコースに参加されたお客様の第二回目(楽窯焼成)が無事に完了しました。 このお客様は、抹茶と茶筅をご持参されていて、ご自身で作った出来立ての黒楽茶碗で早々に抹茶を味わっていました。 お疲れ様でした。 無事に黒楽茶碗が焼成できてほっとしました。   以下に黒楽茶碗焼成の様子など、ちょっとだけ突っ込んで書いてみます。ご興味のある方のご参考に。   今回の黒楽茶碗の釉薬は...
  • 手ロクロを自作する

    安価な材料で手ロクロを自作する/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/09/24
    本日の投稿は、手ロクロの自作についてです。 ネットやホームセンターで入手できる安価な材料を使って手ロクロを自作するお話です。 最近は、自宅で過ごす時間が増える傾向にありますので・・・ご自宅で陶芸を楽しんではいかがですか?   粘土成形する場合、手ロクロがあると粘土成形がたいへんやり易くなります。 ただ金属の手ロクロは、お値段が高いことと・・・重くてかさばるので・・・結構取り扱いに難儀します。...
  • 四角い茶碗を作る

    信楽の土と緋色/四角い茶碗を作る/さいたま市浦和で陶芸

    2020/09/22
    以前、信楽の土を使って四角い茶碗を穴窯で焼いたことがありました。 本日は四角い茶碗にまつわるお話を進めます。 私自身の四角い茶碗の発端は・・・長次郎の「ムキ栗」です。 楽茶碗の中で唯一、四角い形で異彩を放っている茶碗です。 現物を何度か観ているのですが・・・独特な雰囲気で、見込みの中に吸い込まれそうな錯覚すら感じる作品でした。 茶碗の上半分は四角で、下半分は丸い・・・この特異な形状が、400年以上...
  • 模様を自由に彫り込む

    陶器作りの楽しさ/模様を自由に彫り込む/さいたま市浦和で陶芸教室

    2020/09/20
    陶器作りの楽しさの一つに、模様を自由に彫り込める楽しさがあります。 特に作品が少し大きくなると・・・俄然、掘り込める自由度が上がりますので実に楽しい作陶ができますね。    写真は口径が35cm程度で、少し大きめの作品です。 何年か前に上野で縄文土器展があった時に感銘を受けて・・・縄文土器風の植木鉢でも作ろうかな? と思い作り始めたものです。 紐作りで粘土成形していきますので、乾燥した下の部分か...
  • 函館より楽焼体験に挑戦

    函館より楽焼体験に挑戦/黒楽茶碗を作る/さいたま市浦和で陶芸

    2020/09/18
    本日は遠方より陶芸体験に来られたお客様のご紹介です。 北海道の函館よりさいたま市まで来られ、楽焼体験で黒楽茶碗作りに挑戦してくださいました。 このお客様は、少し遅れた夏休みを取得し、東京近郊でお過ごしになるかたわら・・・やまざ器での楽焼体験フルコースに挑戦してくれました。 仕事の合間に、抹茶を飲むのが楽しみとのことで、黒楽茶碗作りを思いついたとおっしゃっていました。   本日は、2回に分けて...
  • 下絵付けで絵皿を作る

    下絵付けで絵皿を作る/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/09/16
    下絵付けで絵皿を作るお話です。 下絵付けとは、釉薬の下に絵柄を描いていくので下絵付けと呼ばれます。 素焼きした器に下絵の具を使って絵柄を描き、その後透明釉を掛けて焼成します。 ご参考までに・・・上絵付けという技法もありますが、これは、本焼きした釉薬の上に絵柄を描いていくので、上絵付けと呼ばれ、釉薬を本焼きしたあとに上絵の具で絵柄を描き、その後低火度で再焼成します。   さて、下絵付けに使う絵...
  • 初めての陶芸体験

    初めての陶芸体験/やはり作り手の個性が出る/さいたま市浦和

    2020/09/14
    先日窯出しした陶芸体験のお客様の作品紹介です。 この方は、初めての陶芸体験だったのですが・・・やはり初めてでも作り手の個性が随所に出てきますね(笑)。 まず粘土成形時の形に現れます。 このお客様は、歪んだ形ではなく・・・真円形の形が好きだとおっしゃっていましたが、手ロクロを使ってうまく丸い形に仕上げました。 次に釉がけ時に好きな色を大胆に使っています。 濃い青がお好みなのですが、焼き物特有の粘...
  • カバくん焼成完了

    テラコッタのカバくん/焼成完了/さいたま市浦和

    2020/09/12
    先日お預かりしたテラコッタのカバくんの焼成が完了しました。 テラコッタ用の土は、鉄分を多く含んでいるので、素焼き程度の温度で焼くとピンク掛かった赤茶色に焼き上がります。 たいへんキレイに焼成できました。   やまざ器が、お客様の作品をお預かりして焼成する時の1番の心配点は・・・焼成時のトラブル発生(破損)です。 このカバくんは、粘土の乾燥が十分にできていたことと、中身が空洞で作られていて、焼...
  • 虹色の恐竜完成

    虹色の恐竜完成/さいたま市で陶芸体験/ご予約による少人数制

    2020/09/10
    先日陶芸体験に来られたご家族の「虹色の恐竜」が完成しました! お父さん、お母さん、息子さんと個別に作品作りにチャレンジしましたが・・・最後は息子さんの勝利のようです(笑)。 恐竜は、小学校低学年の息子さんらしい伸び伸びとした作風が感じられます。 色使いも生き生きしていてビビットな感じです。   陶芸の作品作りは・・・大人も子供さんも・・・ダイレクトに個性が反映されますね。 特に子供さんの作品...
  • 絵付けの陶芸体験

    絵付けの陶芸体験/磁器皿に絵柄を描く/さいたま市の陶芸教室

    2020/09/08
    少し前に見学にいらしたお客様が、本日陶芸体験に来てくれました。 陶芸体験といっても、今回のお客様は陶芸経験者で、コロナ絡みの諸事情で新たな陶芸教室を探していたみたいです。 ご要望は・・・「絵付けの勉強がしたい!」ということだったので、絵付けに絞った陶芸体験となりました。 大半のお客様が粘土成形や釉がけなどの器作りをする場合が多いのですが・・・絵付けも実に楽しいので・・・挑戦してもらいたいですね...
  • 作品を持ち込んで焼成

    作品を持ち込んで焼成/テラコッタのカバくん/さいたま市の陶芸

    2020/09/06
    以前に何度か作品を持ち込んでいただき、焼成しているお客様のご紹介です。 このお客様は会社勤めしていますので、時間がある夜間に作品作りをしていて、作品が完成すると「やまざ器」に持ってきてくれます。 テラコッタという焼くと赤っぽいピンク色になる土を使っていて、 陶芸と言うよりは彫刻作品ですね。   ここしばらく来ないなあ〜? と思っていたら・・・3ヶ月ぶりくらいに来られました。 今回も不動の「カ...
  • 人気アイテムのカレー皿

    陶芸体験の人気アイテム/カレー皿を作る/さいたま市やまざ器

    2020/09/04
    陶芸体験の人気アイテムはカレー皿かもしれません。 今年の夏は暑かったせいか(今も暑いですが)・・・カレー皿を作るお客様が多かったような気がします。 カレー皿は、陶芸初心者の方が作る場合も作り易く、楽しみながら陶芸を満喫できます。 また経験者の方が気分を変えて作る場合も、実に最適なアイテムだと思います。   陶芸初心者が粘土成形する時の失敗談は・・・粘土が自分の重さで下側に垂れ下がってしまい、...
  • 電気窯での緋色について

    電気窯での緋色の発生について条件などを推測/さいたま市やまざ器

    2020/09/02
    8月は、陶芸体験の話題が多かったので・・・本日は趣向を変えて、電気窯での緋色の発生について記述していきます。 そもそも緋色(ひいろ)って何ですか? から始まりますが・・・焼き物を焼成するときに、偶発的に発生するオレンジ掛かった赤みのある焼き色の事です。 ひと頃、朝ドラで有名になった「スカーレット」も同じ意味合いで、明るい黄色からオレンジ、赤などの混じった炎の色を連想していただければ良いような気...