BLOGブログ

陶芸お役立ち情報をお届け

陶芸知識や現場情報をタイムリーに

さいたま市「やまざ器」では、陶芸に関するさまざまな情報をブログでお届けしております。 陶芸に興味のある方、これから陶芸を始めたい方が、スムーズにスタートできるよう、お役に立つ情報を分かり易い言葉で楽しくお届けいたします。陶芸の基礎知識や陶房での実作業の様子、陶芸教室や陶芸体験に参加されたお客様のアクションなど、現場の生の情報としてお役立てください。

  • 親子で陶芸を楽しむ

    親子で陶芸を楽しむ/粘土遊びから作品作り/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/11/30
    親子で陶芸を楽しんでいる場面のご紹介です。 2家族で、4歳と10歳のお子様の初回の陶芸体験でした。 まあ、一言で言うと・・・相当に賑やかな陶芸作品作りでしたね!(笑) お兄ちゃんの方は、10歳なので早々に作品作りに取り掛かり、YouTubeで見た電動ロクロのお話などもしてくれました。 ロクロ作業に興味があるようでした。 娘さんの方は、保育園の友達同士なので・・・仲良しです。 最初は、粘土遊びから始まって・...
  • 余り粘土で小物作品

    余り粘土で作る小物作品/気分転換陶芸/さいたま市やまざ器

    2020/11/28
    余り粘土で作る小物作品のお話です。 集中した作業が終わった時とか、大物作品作りの合間に、気分転換を兼ねて小物作品をサクサクっと作ります。 題材は、身の回りにあるなんでも良いので・・・気楽にリラックスして作るところがポイントです。 作品作りは、真面目に作り過ぎる傾向がありますので・・・小物は気分転換に良いですね。 粘土が変わったり、作る題材が変わると気持ちもリフレッシュします。   陶芸体験や...
  • 簡単なお皿作り

    陶芸初心者向け/簡単なお皿作り/さいたま市で陶芸体験ならやまざ器

    2020/11/26
    陶芸初心者向けの簡単なお皿作りをご紹介いたします。 初めての陶芸体験でも、本格的で実用的なお皿(正方形や長方形のお皿)が数多く作れます。 作り方は、至って簡単なので、大きさを変えていくつも作って楽しめますね。   写真を見れば、作り方のイメージは湧いてくると思います。 作業板の上で粘土を引き伸ばして行きますが、背中に板を当てて角度を保ちながら成形していきます。 高さも板に合わせて剣先でカット...
  • 織部板皿で鮨を食べる

    陶芸作品を使う楽しみ/織部板皿で鮨を食べる/さいたま市

    2020/11/24
    陶芸は、作品を作る時にかなり楽しい!と感じるのですが・・・焼成が終わって完成した作品を実際に使う時に・・・また別な充実感を感じるものです。 特に日常使いの食器を作った時などは、その満足感をひしひしと感じるのではないでしょうか?   写真は、以前に作った織部の板皿ですが、近くのスーパーで売っている鮨を載せてみました。 やはりパックのまま食べるのとは、全然気分が違いますね(笑)! 不思議なもので...
  • 兄弟で陶芸作品作り

    子供さんの陶芸体験/ご予約による少人数で実施/さいたま市

    2020/11/22
    本日は、子供さんの陶芸体験のご紹介です。 お姉さんが8歳で、弟さんが6歳のご兄弟です。 最近何回か連続で陶芸作品作りに来られていますので、だいぶ作業の雰囲気に慣れてきたような気がします。 子供さんたちは、初回の頃は緊張して固まっていましたが・・・最近はリラックスして作品作りを楽しんでいますね。 良かったです。   子供さんの場合、とにかく楽しく遊ぶことから始まります。 粘土遊びから始まって・・...
  • 手作りコーヒーカップ

    手作りコーヒーカップ/閃いたイメージを形にする/粘土成形編

    2020/11/20
    手作りのコーヒーカップは、何度作っても楽しいものです。 自分の思い描いたイメージを形にしていく楽しさがあるからです。 逆に、同じ形で作ろうとしても・・・なかなか同じ形にはなりません。 その辺が、手作りの面白さであり・・・何度作っても飽きのこない要素かもしれませんね。   作業に入る前に思い描いていたイメージを、少しづつ形にしていくのは、陶芸の代表的な場面かもしれません。 一方で、事前のイメー...
  • 電動ロクロ体験

    さいたま市で電動ロクロ体験なら/初めてでも大丈夫/やまざ器

    2020/11/18
    さいたま市で電動ロクロ体験なら、予約制・少人数・個別指導の「やまざ器」がお薦めです。 電動ロクロで粘土を成形するのは難しい? と思っている方もいるかもしれませんが・・・実際には・・・初めての方でも全然大丈夫です! 電動ロクロのペダルを踏み込むと、回転テーブルのスピードが上がり、戻すと回転が止まります。 車のアクセルと同じ感覚ですが・・・免許もいらないし・・・楽しみながら器の成形ができます。  ...
  • 白化粧の生掛け

    粉引き入門/白化粧の生掛け/さいたま市で陶芸教室

    2020/11/16
    本日は、粉引きの入門的な内容のご紹介です。 もともとは、鉄分の多い色の着いた土を白く焼き上げるために考案された歴史のある技法です。 通常は、成形した粘土が生乾きの時に、白化粧と言われる化粧泥を掛けたり、塗ったりして色をつけていきます。 その後通常の素焼きを行い、透明釉を掛けて焼成する流れになります。 写真のようにハケで塗れば、特有の模様を焼成することができますし、全体に掛ければ、独特の白い器に...
  • 豆皿に絵付け

    陶芸教室で絵付けを勉強する/絵付けは焼き直し?/さいたま市やまざ器

    2020/11/14
    本日は、「やまざ器陶芸教室」での絵付けのお話です。 陶芸教室では、一般的な粘土成形から陶器(土モノ)の器を作る場合が多いのですが・・・完成した陶器や磁器の器に絵付け(絵を描く)をするのも、すごく楽しいのでお薦めしています。 絵付けは難しい? と思っている方も多いと思いますが・・・題材を選んだり、色の数を絞って作品作りをすると・・・意外に簡単ですよ! お試しくださいね! 写真は、生徒さんが磁器の...
  • 陶芸体験の作品ご紹介

    陶芸体験作品のご紹介/子供さんとお母さんの作品/さいたま市浦和で陶芸

    2020/11/12
    最近、陶芸体験に来られた子供さんやお母さんの作品のご紹介です。 子供さんは6歳と8歳(男の子2と女の子1)で、そのお母さんの作品になります。 作品の特徴を一言でいうと・・・「思い思いの作品を自由に作って・・・カラフルな色合いで楽しい感じ!」になっています。 明るく個性的でいい感じですね!   作品の色を左右する陶芸の釉薬は・・・ほとんどの色合いをカバーしていますので、ご希望の色をお伝えいただけ...
  • オーダーで作るカップ

    コーヒーカップのオーダーメイド /オリジナルカップ&ソーサーなら/やまざ器

    2020/11/10
    本日は、オーダーメイド で作るカップ&ソーサーのご紹介です。 オーダーを頂いて作り始める商品なので、お客さまのご要望を反映して、お気に入りのカップに仕上げるシステムです。 形や大きさ、細部の仕上げや色合いなども、極力ご要望にお応えする形で承っております。 日々のお忙しい生活の中で・・・貴重な時間を有意義にお過ごししていただけるよう・・・オーダーメイド の焼き物をお試しくださいませ。   <オー...
  • ピンク色のカップ作り

    子供さんの陶芸体験/ピンク色のカップ/さいたま市川口市近郊で陶芸体験

    2020/11/08
    子供さんの陶芸体験の様子です。 子供さんからのご要望で多いのがピンク色なのです。 ただ陶芸の場合、キレイなピンク色を焼成するのが意外に難しく、色々なパターンを試していました。 最近は、子供さんが楽しみながらできる簡単な方法を使っています。 本日の投稿は、子供さんのピンク色のカップ作りです。   釉がけのやり方は結構シンプルです。 最初に白い釉薬(乳白釉)をカップの内外に柄杓がけします。 次に...
  • 陶芸体験の釉がけ

    陶芸体験の釉がけ/釉薬入門編/さいたま市浦和で焼き物体験

    2020/11/06
    陶芸体験と言うと、粘土成形だけして・・・あとはお任せで焼き物にしてもらう場合もありますが・・・「やまざ器」では、なるべく「釉がけ(作品に色をつける作業)」までご自身で体験していただくことをお薦めしています。 とにかく陶芸体験なので・・・自分で経験するのが一番ですね。 そこで本日の投稿は、陶芸初心者に向けての釉がけ(釉薬入門編)を話題にしたいと思います。   写真のカップは、先日体験に来られた...
  • 豆皿の絵付け

    絵付け入門/豆皿の絵付け/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/11/04
    本日の話題は、絵付け入門と題して「豆皿の絵付け」のご紹介です。 陶芸教室の生徒さんの作品ですが、ご自身で作った磁器の豆皿(ミニサイズの小皿)に上絵の具を使って絵柄を描いたものです。 絵付け完了の写真を使って、絵付けの入門的な段取りをわかり易く説明したいと思います。   現在、和絵の具と言われる上絵の具の色の種類は、10種類以上もあります。 また光沢があり発色が綺麗なので、楽しみながら作品作りに...
  • 初めて大物作品作り

    初めての大物作品/花入れを作る/さいたま市浦和の陶芸教室

    2020/11/02
    陶芸教室の生徒さんで、初めての大物作品である花入れ(壺)作りに挑戦したお話になります。 この生徒さんは今まで、コーヒーカップや大皿、小皿、酒器などを中心に作品を作っていましたが・・・先日信楽(しがらき)に旅行に行かれまして・・・作陶のモチベーションが上がったのか?・・・花入れ(壺)作りにチャレンジしていました。   スタート地点では、蹲(うずくまる)と言って、人が蹲ったような形の壺を作る予定...