BLOG

さいたま市で陶芸教室をお探しなら【絵皿を作る】

2019/03/11
絵皿を焼く

さいたま市で陶芸教室をお探しなら【やまざ器】です。お好きな絵や模様を描いた絵皿を焼いてみませんか? 結構簡単に作れますよ。

皿の形は、ご自由にお選びいただけます。丸でも四角でも、木の葉の形でも大丈夫です。

また皿は基本的には、焼成時に「おちょこ」にならないように、うわ反りの形をしていますが、真っ平らな平皿も焼成できるので大丈夫です。

皿の成形は、色々な方法があリますので、最初は簡単な方法で。慣れてきたらロクロ成形などに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

写真の平皿は、タタラ(粘土の平板)作りの素焼き皿を使い、パッチワーク風の模様を出すために3種類の釉薬を塗り分けました。ハケで重ね塗りをしていくだけなので、楽しみながらの作業になりますね。

陶芸教室での実施になると、だいたい何枚かの皿をまとめて作っておいて、模様を変えて釉がけする場合が多いですね。

 

釉薬で絵を描く場合は、前もって使う釉薬を選定しておきます。釉薬は、焼成前後で色味がまるで違うので、子皿に取り分けて名前を書いてから作業を始めます。

絵皿を作る場合の施釉(釉薬で色をつけるとして)は、絵画(絵を描く)と類似した要素はありますが、より作者の想像力が要求されるような気がします。

焼成後の色を予想しながら描いていくことになるからです。

 

また初心者に向けた絵皿作りとしては、「上絵付け」による作り方もご紹介しています。

本焼きされた皿を使って「上絵の具」で色を付けていくやり方です。

こちらはかなり絵画の作業に近いので、陶芸が初めてでも大丈夫だと思います。

絵がお好きな方にご紹介しています。

 

【やまざ器】の陶芸教室で、カップやソーサー、絵皿作りなどをお楽しみくださいませ。