CERAMIC CLASS陶芸教室

  • 陶芸女子の作品

    陶芸女子の作品/小物入れ

    2019/08/21
    さいたま市で陶芸教室の「やまざ器」です。 今回は、陶芸女子の作品をご紹介いたします。男性の生徒さんだと100%作らない作品ですが・・・とんがりコーンのような形をした「小物入れ」です。 オレンジ色の発色は、「彩釉オレンジ」と言う釉薬を使っていて、厚めに掛けると綺麗なオレンジ色に仕上がります。 作り方は、至って簡単で、粘土のとんがりコーンを作って二つに切り、中をくり抜けば完了します。 使い勝手で言...
  • しのぎマグカップ焼成

    しのぎを入れたマグカップの焼成

    2019/08/15
    先日ご紹介したマグカップの装飾技法の一つである「しのぎ」を入れたカップの焼成が完了したので、再度ご紹介したいと思います。 作品は、陶芸教室の生徒さんのものですが、カップのサイド面から高台に回り込むように「しのぎ」を入れるデザインに取り組んでおられました。 また割と大きめのマグカップだったので、表面と高台に「しのぎ」を入れるのと同時に、内側の見込み周りの肉厚を極力追い込んで・・・軽いマグカップを...
  • 獅子像のアップ

    焼き物の作品作りに挑戦/さいたま市

    2019/08/03
    令和初の夏休みですが、「焼き物の作品作り」にチャレンジしてみませんか? 作る題材はご自由にお選びいただけます。 写真は、少し前より取りかかっていた「獅子像」です。素焼きが終わってひと段落つきました。色はどうしようかな? このまま素焼きのままでもいいけど・・・釉薬を掛けて本焼きすれば焼き物の像として仕上がりますね。   ●さいたま市緑区の「やまざ器」では陶芸体験や陶芸教室を開催しております。 ...
  • 珈琲自家焙煎の陶房

    珈琲を自家焙煎する陶房/さいたま市

    2019/08/02
    さいたま市の「やまざ器」は、自家焙煎した珈琲をお客様にサービスしている陶房です。ご来店されたお客さまや、陶芸体験・陶芸教室の生徒さんに対して、サービスの一環でオリジナルなコーヒーカップで自家焙煎したコーヒーをご提供させていただいております。 もともとは、自分で美味しいコーヒーが飲みたい!から始まったものですが・・・近所(さいたま市内)の珈琲豆屋のご主人と親しくなり、見よう見まねで珈琲を自家焙...
  • マグカップにしのぎを入れる

    マグカップの装飾/しのぎを入れる

    2019/07/30
    マグカップを自作する場合、大きさや色、把手の形など工夫できる箇所が多いのですが、今回ご紹介するのはマグカップに「しのぎ」を入れるパターンです。 カップの大きさや形状の調整、釉がけするときの釉薬の選択などは割と一般的に行われていますが、「しのぎ」と呼ばれている素地に「筋目」を入れていく手法は、カンナなどの道具をうまく使いこなす必要があることと、オリジナリティーある作品ができるので挑戦のしがいがあ...
  • 簡単なソーサー作り

    簡単なソーサー作り/初心者にお薦め

    2019/07/24
    陶芸が初めての方や初心者にもお薦めできる「簡単なソーサー作り」のご紹介です。コーヒーカップを作る場合、セットでソーサーも作りたくなるものですが・・・以外に皿系の器は作るのが難しいのですね。 そこで今回は、どなたが作っても、しっかりしたソーサーが作れる方法をご説明いたします。 以下は、「やまざ器」の陶芸教室で実施している方法ですが、どなたがやっても安心して作れます。   方法は、基本的に「タタ...
  • 作品に陶印を押す

    陶芸教室で作品に陶印を押す

    2019/07/03
    さいたま市で陶芸教室の【やまざ器】です。 陶芸教室での1シーンです。作っているのは直径30cm越えの大皿ですが、ご紹介するのは皿の中央部に押してある「陶印」についてです。焼き物に「陶印」はつきものなので目にすることも多いのですが、ご自身で作るのも以外に簡単なんですよ〜 以前のグログ投稿で、「初めての陶印作りに挑戦」という記事がありますので、作り方の詳細は以下のページをご参照くださいませ↓ https:...
  • 自作釉小鉢

    【釉を自作すると陶芸の楽しさ倍増】さいたま市

    2019/06/21
    陶芸教室で使う釉薬は、市販の釉薬を使う場合が多いと思いますが、釉を自作できるようになると・・・陶芸の楽しさは倍増しますよ! 「自作釉」と言うと少し難しく聞こえるかもしれませんが、基本的なパターンを理解すれば、作ること自体は非常に簡単なので、どなたでも楽しむことができます。   釉薬の基本原理を超簡単に数行で説明すると・・・「ガラスの素」を主体に、調味料のような「溶かす原料」や釉が剥がれなくな...
  • 普段使いの食器を作る

    【普段使いの食器を作る】縄文時代の小話

    2019/06/12
    【やまざ器】陶芸教室の様子を一コマ写真でお伝えいたします。 趣味で陶芸を始めた方の多くは、普段使いの食器を作られます。 普段使いの食器と言いましても、実に種類が豊富にありますので、しばらくは作陶の題材がなくなることはありません。 コーヒーカップや湯呑、ビールカップや酒器や徳利、おちょこ、皿に至っては豆皿、小皿、大皿、カレー皿など、小鉢や大鉢、鍋や急須や箸置きやら・・・書ききれないほどの種類があ...
  • 釉薬の種類が豊富

    【陶芸は釉薬の種類が多くて楽しい】さいたま市

    2019/06/06
    陶芸教室や陶芸体験の生徒さんの作品が貯まってきたので、まとめて焼成しました。 自分のモノだけを焼いているときは、それほど意識はしないのですが、生徒さんの作品を焼く時、改めて思うのは「陶芸って実に釉薬の種類が多くていろんな色が楽しめる!」ってことです。 まあ確かにそうですよね(笑)。粘土の種類が、白とか赤とか黒とかあって、そこに釉薬が何百種類かあるのですからね。おまけに酸化焼成やら還元焼成で色合...
  • 手ロクロで皿作り

    【手ロクロで皿や小鉢を作る】陶芸初心者もご安心

    2019/05/15
    陶芸をこれから始めたいとお考えの方や陶芸初心者の方へ、陶芸教室で皿や小鉢を作る様子をご紹介いたします。さいたま市の「やまざ器」では、個別指導を基本にしておりますので陶芸が始めての方も、安心して陶芸を楽しむことができます。ぜひチャレンジしてください。 陶芸初心者が最初に挑戦するのは、手びねりでコーヒーカップや湯呑作りが多いのですが、手ロクロを使った皿や小鉢作りも以外に簡単なので、ドンドン挑戦し...
  • 生徒さんのマグカップ完成

    【陶芸教室生徒さんのマグカップ完成】

    2019/05/09
    先日投稿した陶芸教室生徒さんのマグカップが完成しました(ご参考:2019年5月3日【陶芸教室でマグカップ作り】釉の掛け分け)。 この生徒さんは、初めての釉がけだったのですが、3種類の釉薬を掛け分けることに挑戦しました。 写真のように焼成結果は非常に良好でしたね。   今回の場合、マグカップの内側(見込み)は、柄杓を使って掛けていますが、外側は、筆を使って釉薬を積み重ねていく感じで施釉しています。 ...
  • 作業場の後片付け

    【陶芸教室の作業場】明るいアトリエ風で使い易い

    2019/05/06
    令和に入り最初の大型連休も無事に終わりそうです。 さいたま市緑区で陶芸体験・陶芸教室の【やまざ器】でも、連休作業後の粘土の粉やロクロのドベ受けの掃除など、一通り綺麗にしたところです。 【やまざ器】の作業場(粘土成形や釉がけ用のスペース)は、8畳の部屋に作業テーブルとロクロなどを置いているので、決して広くはないのですが、「明るいアトリエ風の部屋で、かなり使い易い!」です。 欲しい粘土や釉薬、...
  • マグカップの釉がけ

    【陶芸教室でマグカップ作り】釉の掛け分け

    2019/05/05
    さいたま市で陶芸教室の【やまざ器】です。陶芸教室の生徒さんのマグカップ作りをご紹介いたします。今回は、複数の釉薬を掛け分ける方法で施釉を行いました。 釉薬は全部で3種類です。カップの内側に1種類、外側に2種類使う想定で作業を行いました。   この方は女性の生徒さんですが、釉薬を使うこと自体が初めてなのです。 一般的には、最初は「単色がけ」で無難に釉がけする場合が多いのですが・・・ この生徒...
  • カップルで陶芸教室に通う

    【カップルで陶芸教室に通う】さいたま市やまざ器

    2019/05/04
    カップルで陶芸教室に通ってみてはいかがですか? 最近デート感覚で陶芸を楽しむカップルが増えている気がします。 さいたま市緑区で陶芸体験や陶芸教室をしている【やまざ器】では、ちょっとした空き時間に陶芸を楽しんでもらえますよう、前日のご予約にも対応させていただいております。 時間的には2時間から3時間の区切りで楽しむお客様が多いのですが、ご都合に合わせて時間、内容なども調整できますのでご相談ください...
  • 織部の花器にチューリップ

    【織部の花器にチューリップを飾る】

    2019/04/19
    さいたま市緑区で陶芸をしてます【やまざ器】です。 織部の花器にチューリップを生けてみました。サクラの花も終わりに近づき、近隣でチューリップが目を引くようになったからです。【やまざ器】でも陶芸教室など、お客様の出入りがあるので、あまり殺風景なのも問題かな?と思い、毎回あるわけではないのですが・・・気が向いたときには花々を飾るようにしています。   古田織部(桃山から江戸時代初期の武将&茶人)に...
  • 陶芸教室で酒器を作る

    さいたま市の陶芸教室【焼酎用の酒器を作る】

    2019/04/10
    さいたま市緑区で陶芸教室をしています【やまざ器】です。いつもお一人で陶芸を習いにきている、普段サービス業の男性のお客様です。今回は、カップを作る予定と聞いていましたが・・・「やっぱ、酒器を作ります!」と予定変更されていました。 前回の製作はカップだったのですが、少し仕上がりが重く肉厚の作品となったので、少し軽く薄めに作ることを課題にするとおっしゃっていました。作る前に「課題」をしっかり宣言する...
  • 緋襷を焼く

    埼玉で陶芸【陶芸教室で緋襷を焼く】

    2019/04/07
    埼玉で陶芸教室をしてます【やまざ器】です。 陶芸教室で緋襷(ヒダスキ)を焼いてみませんか? 緋襷は器にワラを巻いて焼成するのですが、焼き上がるとワラの跡が器の景色となって残る特殊な焼き方です。元来、薪窯で器同士がくっつかないようにワラを巻いて焼成していたそうですが、その特徴あるワラの模様がいつしか備前焼の顔として引き継がれてきたようです。   陶芸教室で緋襷を焼く場合、準備として器にワラを巻...
  • 釉を自作する

    さいたま市で陶芸教室【釉を自作する】

    2019/03/23
    さいたま市緑区で陶芸教室をしてます【やまざ器】です。今日は「釉を自作する」お話です。釉を自作すること自体は簡単ですし、化学の実験みたいな?楽しさもあるので・・・陶芸教室の生徒さんたちとも作っています。   陶芸教室で釉を自作すると、生徒さんの「釉薬に対する理解」が一気に深まりますね。 通常ですと、出来上がった市販釉薬を使うだけですから、釉って液体なの?と思ってしまいます(笑)。 釉薬を自...
  • 絵皿を焼く

    さいたま市で陶芸教室をお探しなら【絵皿を作る】

    2019/03/11
    さいたま市で陶芸教室をお探しなら【やまざ器】です。お好きな絵や模様を描いた絵皿を焼いてみませんか? 結構簡単に作れますよ。 皿の形は、ご自由にお選びいただけます。丸でも四角でも、木の葉の形でも大丈夫です。 また皿は基本的には、焼成時に「おちょこ」にならないように、うわ反りの形をしていますが、真っ平らな平皿も焼成できるので大丈夫です。 皿の成形は、色々な方法があリますので、最初は簡単な方法...
< 12 >