BLOG

売っていない焼き物を作る/さいたま市の陶芸教室やまざ器

2019/12/14
売っていない焼き物を作る

売っていない焼き物を作るお話です。 2ヶ月ほど前から、さいたま市のやまざ器陶芸教室に通われている生徒さんの作品紹介です。 この生徒さんは年配のご婦人で・・・焼き物が好きで、以前より焼き物を収集していたようですが・・・陶芸教室に通われましたので・・・ご自身で好きな作品作りを楽しんでおられます。 

 

この生徒さんと作業中にお話をする中で、「売っていない焼き物を作りたいなあ〜」と言う言葉が頻繁に出てきます。 要するに「オリジナルな作品を手作りしたい!」と言う意味だと思いますが・・・作品作りも個性が出ていますね。

 

写真は、前回取り組んだ板皿の成形が完了し乾燥させている場面です。

板皿作りでスタートしましたので、最初は板だったのですが・・・成形が終わってみると・・・板と言うよりは・・・豪快でダイナミックな皿という感じですね。 ただ女性らしい丸みを帯びた部分も表現されているので好感が持てますね。

和風のお料理を載せるイメージで作られていました。

確かに形だけ見ても「売っていない焼き物」になりそうです。

この後の釉がけや絵付けが楽しみですね。 

 

皆さま ご一緒に焼き物作りを楽しんでいきましょう。

さいたま市緑区「やまざ器」は、ご予約による個別指導の陶芸教室です。