BLOG

窯入れに挑戦/棚板&目土のセット/さいたま市の陶芸教室やまざ器

2020/01/22
窯入れにチャレンジ

陶芸教室の生徒さんに、作品の窯入れに挑戦していただきました。 ご自身で棚板や目土をセットして窯入れするのは、緊張感のあるひと時ですね。 棚板の配置をしながら・・・作品の大きさや釉薬の種類などを考えながら・・・ベストなポジションに作品をセットしていく作業になります。 

 

陶芸は、粘土成形、釉がけ、焼成・・・とありますが・・・やはり最後の砦は・・・焼成の部分になるものです。 ですので、ご自身で窯入れを行うのは、すごく良いことですね! どしどしチャレンジしてください!

 

窯入れを経験する最大の魅力は・・・やはり、焼き物の原点部分に当たる焼成を経験することだと思います。 素朴な焼成環境を体験する・・・この1点に絞られるのではないでしょうか?

 

通常・・・陶芸教室では、窯入れや窯出しは、教室の管理側の人たちによって実行されてしまうので・・・なかなか目にすることはできませんが・・・最も感動する場面です。

ご自身で窯入れをして・・・そのまま窯出しにつながる瞬間は、感動の極まるところなのです。

 

そんなことから・・・生徒さんのご希望を反映して・・・現場の緊張感を味わっていただいております。 ぜひとも 挑戦してくださいませ!

 

埼玉県さいたま市にある「やまざ器」は、初心者から経験者まで楽しめる陶芸教室です。

地域密着の陶房として、浦和を中心とした周辺にお住まいの陶芸に興味のある方々に、陶芸の楽しさを味わえる陶芸体験や陶芸教室を実施しております。

また、完全予約制・少人数制の陶芸体験や陶芸教室のため、ご夫婦やカップルはもちろん、お子様でも安心してお楽しみいただけます。

ぜひご興味のある方は一度体験にお越しください。