BLOG

粉引き入門/白化粧の生掛け/さいたま市で陶芸教室

2020/11/16
白化粧の生掛け

本日は、粉引きの入門的な内容のご紹介です。 もともとは、鉄分の多い色の着いた土を白く焼き上げるために考案された歴史のある技法です。 通常は、成形した粘土が生乾きの時に、白化粧と言われる化粧泥を掛けたり、塗ったりして色をつけていきます。 その後通常の素焼きを行い、透明釉を掛けて焼成する流れになります。 写真のようにハケで塗れば、特有の模様を焼成することができますし、全体に掛ければ、独特の白い器になりますので、陶芸特有の楽しさがある技法です。

 

粉引きの特徴は、なんと言っても・・・白化粧泥を生掛けする場面ですね。 白化粧泥は、名前からもわかるように、成分は土なんです。 ですから生掛けと言われる、成形した粘土素地に直接塗っても親和性が良く、よく密着します。 ただし、使用する粘土の種類や、化粧土のメーカーの違いなど、粘土素地と化粧土の収縮率の違いにより、乾燥時に化粧土が剥離するトラブルもなども出てきます。 また化粧土を全体に生掛けすると・・・粘土素地の形が崩れたり、乾燥時のひび割れの発生なども出たりします。 ポイントは・・・粘土が完全に乾燥する前の生乾きの時に、化粧土を掛けるところです。

 

少々コツのいる生掛けですが・・・粘土成形した素材に、違う色の粘土を塗って作業する方法は、色々なバリエーションを可能にしてくれます。 楽しいのでチャレンジしてみてくださいね!