BLOG

紐作りの花入/陶芸を楽しむ/さいたま市陶芸教室

2021/12/21
紐作りの花入

少しづつ粘土紐を積み上げて花入を作っている様子です。 今回、やっと成形が終わりました。 お疲れ様でした。 紐作りの花入は、形や大きさを想像しながら作るので、陶芸の楽しさが味わえる作り方と言えますね。 

 

紐作りは、ある程度作品が大きくなったり湾曲した形状になると、粘土紐の自重で粘土が変形してくるので、ある程度の段数を積んだら乾燥させます。 下の部分が半乾燥したら、上の段を積んでいく段取りで、背の高い独自の作品を作ることもできます。

 

このお客様は、毎回お仕事の区切りがついたところで来てくれます。 ですので、作品をビニール袋2枚で厳重にパッキングしておき、作業日に合わせて乾燥状態を管理しています。 成形が完了するまで4回ほど作業されましたが、いい感じで出来上がりました。 釉掛けは年明けになりそうですが、今から楽しみです。