BLOG

陶芸が初めての方の作品作り/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

2020/05/17
初めての作品作り

陶芸が初めての方の作品作りについてのご紹介です。 陶芸初体験の作品作りは・・・ズバリお皿作りがオススメです。 理由はいくつかありますが・・・まず作るのが簡単! その次は、実際に使って楽しい! そして最後は、奥が深い! です。

 

さいたま市のやまざ器の例で言いますと・・・陶芸初心者の方々は、大半がコーヒーカップや湯呑み、ご飯茶碗、取り鉢のような器形状のモノを作る傾向にあります。 しかしながら、器を作ることは・・・ちょっとだけコツがいるのですね(ちょっとだけ難しい・・・)。

 

その点、お皿、特に平皿を作るのは・・・初めて陶芸を経験される皆様にはオススメです。

何しろ、粘土を平に伸ばして、縁を持ち上げれば立派なお皿が出来上がります。 器作りと違って、柔らかい粘土が自重で変形する心配がないことがその理由です。

ただお皿作りの奥は深いので・・・形状を工夫したり、ヘラで彫り込みをしたり、色付けを工夫したり・・・ほとんど、やり尽くすことはない題材でもあります。

 

写真は、平板に粘土を引き伸ばし、縁を持ち上げて作った木の葉皿です。

形や色合いを工夫すれば・・・色々なバリエーションが楽しめますね。

お試しください!

 

さいたま市のやまざ器では、昨日5月16日より陶芸体験・陶芸教室を再開いたしました。

新しい生活様式に順応しながら・・・陶芸作品作りをお楽しみください。