BLOG

陶芸初心者向け/簡単なお皿作り/さいたま市で陶芸体験ならやまざ器

2020/11/26
簡単なお皿作り

陶芸初心者向けの簡単なお皿作りをご紹介いたします。 初めての陶芸体験でも、本格的で実用的なお皿(正方形や長方形のお皿)が数多く作れます。 作り方は、至って簡単なので、大きさを変えていくつも作って楽しめますね。

 

写真を見れば、作り方のイメージは湧いてくると思います。 作業板の上で粘土を引き伸ばして行きますが、背中に板を当てて角度を保ちながら成形していきます。 高さも板に合わせて剣先でカットします。 ポイントは、お皿の内側部分に布切れを当てて、布目を転写するところです。 百均などで売っている布目がハッキリした布を使うと特徴が出しやすいですね。 

 

陶芸初心者の方がお皿を作る場合、どうしても指跡がたくさんついて、凸凹した形になりやすいですが・・・厚目でしっかりした布を押し当てると・・・表面が平になると同時に、布目が良好なテクスチャーとなって作品を盛り立ててくれます。 簡単に出来ますので、大きさや形状を変えて何枚か作ると楽しいです。

 

釉掛けの時は、単色で仕上げても、表面の布目が適当な質感を演出してくれます。 また模様や絵柄を描いてもオリジナリティーのあるお皿が作れます。 普段使いのお皿としてお役立てください。

 

さいたま市の「やまざ器」では、初心者の方々にわかりやすい説明や実技を行いますので、安心して陶芸をお楽しみいただけます。 ご予約時の人数での実施となりますので、マイペースで作業ができるところが好評です。 お試しくださいませ!