CERAMICWORKS作品

  • 電気窯で自然釉

    【電気窯で自然釉のぐい呑】さいたま市

    2019/06/09
    電気窯の焼成でも「自然釉のぐい呑」を作れるのをご存知ですか? やり方は割と簡単なので、陶芸教室の生徒さんの作品作りなどでも楽しめると思います。 しつこいですけど「自然釉」の定義は薪や炭を燃やした時の灰が作品に降りかかり、素地の珪酸分と反応して「釉」の状態になって作品に張り付いたものです。 これは昔ながらの知恵で、釉薬の基礎となった考え方と言われています。 ですので一般的には電気窯で期待できる品...
  • マグカップの名入れ

    【お名前入りマグカップ】オーダメイド で作る

    2019/06/03
    本日は「お名前入りのマグカップ」をご紹介いたします。オーダーメイドの商品なので、形や、大きさ、色合いなどはご自由にお選びいただけることと、高台(器の裏側)にお名前やイニシャルなど、お好きな文字やロゴを入れて焼き上げます。 記念日や感謝の意味を込めてのご贈答用にいかがですか?   写真のマグカップは、「楽焼」と言う手法で1点1点炭火で焼いていくやり方で作っています。 高台内は粘土を手作業で彫...
  • オーダーメイドのマグカップ

    【贈り物にオーダーメイドのマグカップ】ご注文方法

    2019/05/24
    「贈り物にオーダーメイドのマグカップはいかがですか?」 先日(2019年5月21日)投稿した「オーダーメイドで作る茶碗酒器カップ」の続編になります。 ご紹介するお客様は、今年の春のご就職を機会に、ご両親に「オーダメイド で作った酒器やマグカップをプレゼントしたい」とのことで、さいたま市の【やまざ器】にご来店くださいました。  近隣のお客様には、直接ご来店いただけると、詳細な打ち合わせが出来ますので、...
  • オーダーメイドの酒器

    【オーダーメイドで作る茶碗酒器カップ】埼玉で陶芸

    2019/05/21
    先日埼玉県在住のお客様より、オーダーメイドで酒器とマグカップをお作りするご依頼をいただきましたので、そのやり取りや状況などをご紹介いたします。 このお客様は、埼玉県朝霞市の若いサラリーマンの方でした。電車とバスを乗り継いで、さいたま市の【やまざ器】まで来ていただきました。 お話をお聞きすると、今年の春よりご就職され、「お父さん、お母さんに感謝の気持ちで器をプレゼントしたい!」とのことでした。...
  • 右手専用のカップ

    【右手専用のカップを考える】埼玉で陶芸

    2019/05/16
    コーヒーカップ、マグカップの取っ手の形状について何度か投稿していますが、「右手専用のカップを考える」と題して少しだけ考察してみたいと思います。ご興味のある方は以下を読んでくださいませ。 さいたま市の「やまざ器」では、コーヒーカップの使い易さについて、常日頃「試作品」を作りながら確認しております。特に取っ手の形状については、同じくさいたま市の「珈琲豆屋」さんのご主人と意見交換しながら進めている...
  • 高台の作り込み

    【手作りカップで表現力のある高台を作る】

    2019/05/08
    手作りでカップを作る場合、本体の形をまず考えていきますが、同様に表現力のある高台をどうやって作っていくのか? 考えながら作業をしています。 写真のカップは一般的な筒型の形状ですが、上に行くに従って若干先すぼまりになる形で、【やまざ器】(さいたま市)では、勝手にUFO型のカップと呼んでいます。 今回は、このUFO型のカップを例に、表現力のある高台を目指そうと思います。 (陶芸教室でできる内容ですの...
  • 普段使いのカップ&ソーサー

    【普段使いのカップ&ソーサー】

    2019/05/07
    普段使いできるカップ&ソーサーを何点か焼いてみました。毎日の生活の中で気兼ねなく使えて、少しだけお洒落なデザインのカップ&ソーサーみたいな感じで作っています。 普段使いの定義も個人個人で差はあると思いますが、あまり重すぎるとか持ち難いカップは、その定義から外れて来るのでしょうね? あと洗うときに滑って落としてしまったときに、すぐに壊れるようなモノもダメですね。   さいたま市の【やまざ器】で...
  • 穴窯の窯番

    【穴窯は赤松の薪で5日間で焼成】

    2019/05/02
    さいたま市緑区で陶芸をしている【やまざ器】の代表 山崎勝実です。 先日埼玉県朝霞市にある「丸沼芸術の森」の穴窯をお借りして焼成できる機会をいただき窯詰めをしました(4月27日投稿)。 そして今回の穴窯焼成は、赤松の薪を使って5日間で焼成するスケジュールになっていますので、都内の陶芸クラブの方々と交代で窯番をしてきました。その様子をご紹介いたします。   薪で炊く穴窯は、常に火の番をする窯番がい...
  • 窯変で楽しむ色合い

    【窯変で焼き物の色の変化を楽しむ】

    2019/04/29
    さいたま市で陶芸をしてます【やまざ器】です。 陶芸用語ですが「窯変(ようへん)」という言葉をご存知ですか? 窯の中で生じる様々な色合いの変化、特に予想に反して生じる偶発的な変化をさして「窯変」と呼んでいます。 今回は、この「窯変」について説明してみたいと思います。   写真正面のお茶碗は、「窯変」を説明するのに良い例かもしれません。 楽窯で焼いた「楽焼茶碗」ですが」1種類の釉薬のみの使用で...
  • お祝いにペアのカップ

    【お祝いにペアのカップお作りします】

    2019/04/21
    さいたま市で陶芸製作をしてます【やまざ器】です。 大切なお祝い用として「ペアのカップをお作りいたします!」 いかがですか? 一品一品、丁寧な手作りでの仕上げになりますので、特別なコーヒータイムを満喫していただけると思います。 カップルやご夫婦の記念日、アニバーサリーの場合、ご要望により日にちやロゴ、メッセージなどを入れることもできますのでご用命くださいませ。   写真は、先日ご結婚され...
  • 陶芸は粘土の乾燥に気を使います

    【陶芸は粘土の乾燥に気を使います】

    2019/04/20
    さいたま市緑区で陶芸をしてます【やまざ器】です。 焼き物の製造販売・陶芸教室をしていますが、何と言っても「陶芸は粘土の乾燥に一番気を使いますね」。 自分で作ったモノもそうですが、特に陶芸教室や体験のお客さんから預かった作品については、いつも「ヒヤヒヤものです」。   乾燥時に粘土にクラック(ひび割れ)が入ってしまいますと・・・修正することも可能ですが、大概の場合良い結果は出てきませんね。見か...
  • カップ&ソーサーお作り致します

    【オリジナルカップ&ソーサーお作り致します】

    2019/04/15
    さいたま市で陶芸をしてます【やまざ器】です。 「七角形のオリジナルなカップ&ソーサー」いかがですか? あまり見かけない形と美しい仕上げが特徴です。 【やまざ器】ではご注文を頂いてからお作りする「オーダーメイド」のシステムで、オリジナルカップ&ソーサーをお作りしています。 ですからお客様のご要望にお応えした内容で製作することができます。   ●オーダーできる内容例 ・カップ本体の大きさや...
  • 皿の表情を作る

    埼玉で陶芸【お皿の表情を作る】

    2019/04/14
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】です。今回の投稿は、お皿を自分で作る場合の表情の作り方についてです。お皿を自作する場合、お皿の表や裏は気を使って作るのですが、実は、お皿のサイド面(横の切り口や厚さ方向)も重要なパートとなってくるのをご存知ですか?   陶芸教室などでお皿を作る時、サイドの仕上げに気を使う場合はそれほど多くはないのですが、それでも少し気合いを入れて、仕上がりの美しいお皿を目指す...
  • カップの取っ手

    埼玉で陶芸【こだわったカップの取っ手作り】

    2019/04/08
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】です。 最近コーヒーカップやマグカップを成形すると、「取っ手」はいつもこんな形(写真)になってしまいます・・・結構病気かもしれませんねえ〜(笑) 一応カップの持ち易さを考えて作るので、粘土の種類を変えようが、カップのデザインを変えようが・・・結果は同じになってしまいます。 なんというのか、普通の取っ手を上下逆につけたような形かもしれません。 本日は、「こだ...
  • 穴窯焼成の作品準備中

    埼玉で陶芸【穴窯焼成の作品準備中】

    2019/04/03
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】です。ただ今「穴窯」に入れる作品の準備をしています。「穴窯」って、要するに薪で炊く窯なのですが、「登り窯」のように連結した大型の窯ではなく、独立したドーム状の窯のことです。 最近は、この手の薪で炊く窯の許可が下りないので(消防法)・・・煙がすごくて近所迷惑なので・・・ 都心部で炊ける場所は限られてきていますね。→昔に許可をとったところが生き残っているだけです。...
  • 平皿焼成の失敗談

    さいたま市陶芸【平皿焼成の失敗談】

    2019/04/01
    さいたま市緑区で陶芸をしてます【やまざ器】です。 先日季節に合わせた「サクラ色のソーサー(平皿)」を釉がけ(スリップウェアの技法)する状況をPRしました。 そして今回はその焼成が完了しましたが・・・いやいや結果は残念ながら失敗しちゃいましたね。 反りの弱いソーサー(カップ皿)や平皿を焼成する場合、縁の部分が垂れ下がらないように、注意して焼くのですが・・・残念ながら今回は不十分でした。 ソーサ...
  • マグカップのデザインを考える

    埼玉で陶芸【カップのデザインを考える】

    2019/03/30
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】の山崎勝実です。 以前は茶碗(抹茶茶碗)を焼いている時間が長かったのですが、最近はコーヒーカップやマグカップを作っている時間が長くなりました。 そこでいつも思うのは・・・どうやったら「カッコいいデザインのカップ」が作れるのか?ってことですね。 そもそも「カッコいい」ってどう言う事? の自問自答になってしまいます。   「カッコいい」と言うのは、理屈でなく実に感...
  • ご要望にお応えする

    埼玉で陶芸【お客様のご要望にお応えする】

    2019/03/29
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】です。【やまざ器】では、お客様からのご要望を受けて商品を作る場合が多いので(オーダーを頂いて作り始めるオーダーメイド)、どんな様子で進行していくのかを簡単に説明したいと思います。   今回ご紹介するのは、さいたま市の某珈琲豆屋さんのご主人からのご依頼でした。 ご依頼の内容は、「右利き専用の持ちやすい取っ手のカップ」の製作です。ソーサーとのセットになりますが、...
  • 和風仕立てのカップ&ソーサー

    埼玉で陶芸【和風仕立てのカップ&ソーサー】

    2019/03/28
    埼玉で陶芸をしてます【やまざ器】です。「和風仕立ての手作りカップ&ソーサー」を作りましたので、ご紹介させていただきます。【やまざ器】ホームページのNEWS新着情報にて「ご注文受付中」としてPRもさせていただいておりますので、併せてご確認くださいませ。   カップの形はオーソドックスな中にも、少しだけ個性を発揮した形にしました。 写真のように3種類の形があります。 1.丸く背の低いUFO型(写真右側...
  • 豆皿4点セット

    埼玉で陶芸【豆皿4点セット】

    2019/03/26
    埼玉で陶芸品の製作、販売をしてます【やまざ器】です。先日ベンガラで絵描きした豆皿の焼成が完了し、「豆皿4点セット」の商品としてまとめてみました。 和風の仕上がりにしてますので、木目調の敷板に乗せて4枚を並べると、変化があって見ていても楽しくなりました。 和風の場合、やはり粘土のざっくりした風合いがあると、しっくりしますね。   焼き物は、1点1点を鑑賞したり、使ったりして楽しむ文化ではあり...
< 12 3 >