CERAMICWORKS作品

  • 手びねりで湯呑を作る

    手びねりで湯呑を作る/ご自宅陶芸/個別のご要望にお応え

    2020/06/29
    手びねりで湯呑を作るお話です。 特に、ご自宅でのちょっとした時間にチャレンジできる超簡単な方法のご紹介です。 ネットでゲットした陶芸用の粘土を準備します。 ネットでは、小分けした粘土を簡単に入手できますので、白土でも赤土でもなんでも良いので手に入れてください。 湯呑やコーヒーカップ1個なら400g程度の粘土があれば大丈夫です。    写真のような手ろくろがあれば作業上ベターですが、作業用の平板が...
  • 織部と鉄絵の魅力を探る

    織部と鉄絵の魅力/独自の表現を探る/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/06/22
    織部と鉄絵の魅力について、独自の表現を目指す切り口でご紹介いたします。 共に元祖は桃山時代の作品です。 理由はよくわかりませんが・・・織部の緑と鉄絵の黒や茶色の色合いに魅力を感じます。 また自由奔放な絵柄に好感を抱いているのかもしれません。   写真は、織部の手鉢(手付きの鉢)ですが、その色合いを工夫しようとして・・・使用する粘土や釉薬の違い、またベンガラの濃淡を表現すべくトライした作品です...
  • 高台にしのぎを入れる

    陶芸技法/しのぎを入れる/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/06/14
    陶芸技法の中で、「しのぎを入れる」と言う言葉がありますが、やってみると意外に簡単にできますのでご紹介いたします。 まず粘土が半乾燥の状態で、カンナを使って模様を彫り込むことを「しのぎを入れる」と言います。 使う道具は・・・陶芸材料店で扱っている小さめのカンナ(金属の歯がついた道具)だけです。 写真のコーヒーカップのように、基本的には規則正しい模様を彫り込んでいく場合が多いのですが、アイデア次第...
  • 手びねりで酒器を作る

    手びねりで酒器を作る/焼酎をロックで/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/06/12
    手びねりで酒器を作りました。 コロナが落ち着きをみせている中暑い日が続き「焼酎をロックで飲みたいなあ〜」という素直な願望に従いました(笑)。 作り方は、至って素朴で・・・粘土を手びねりで荒成形し・・・ヘラで思いつくままに削ぎ落としていくだけです。    最近、陶芸教室の生徒さんで、ご自宅で粘土成形を楽しんいる方がおられます。 手びねりで作って、ヘラで削るだけなので・・・特に道具も要らず・・...
  • 絵志野の施釉

    絵志野の施釉/鉄絵に使う鉄分の不思議/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/06/04
    絵志野の施釉の様子をご紹介いたします。 絵志野と言いますと、鉄分を含む顔料で下絵を描き、長石釉を掛けて焼き上げる伝統的な技法です。 焼き上がると、下絵の鉄分が赤茶色になって長石釉の上に浮かび上がる、なんとも情緒のある焼き物です。 ご存知のように桃山時代に美濃で焼かれた日本固有の焼き物技術ですね。 今回は、この鉄絵を描く場面や顔料の色合いの違いなど・・・分かり易い内容でご紹介いたします。   ...
  • テラコッタのカバくん焼成

    テラコッタのカバくん焼成/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/06/02
    テラコッタのカバくんの焼成が完了したのでご紹介いたします。 このお客様(川口市)は、営業のお仕事のかたわら、ご自宅でコツコツと粘土成形を進め、粘土の乾燥が無事に終わったところで、さいたま市のやまざ器に作品を持ち込んでくださいます。 テラコッタ用の粘土は、鉄分を多く含んでいますので、焼成すると赤っぽく変色します。 写真のようにカバくんたちは、ピンク色から薄い赤色で焼き上がりました(素焼きの温度)...
  • マグカップにロゴ入れ

    オリジナルマグカップにロゴ入れ/一味違うプレゼント/さいたま市の陶芸やまざ器

    2020/05/31
    オーダーメイド で作るオリジナルマグカップなら名前やロゴを入れて楽しむことができます。一味違うプレゼントにいかがですか? お客様のご要望を反映して作るオーダーメイド のカップは、大きさや色合いをはじめ、名前やロゴ、メッセージなどを入れて製作いたします。   やまざ器のオーダーメイド 品ですと、やはりプレゼントや記念のお品物としてお作りする場合が多いですね。 写真のマグカップは、お客様が、就職し...
  • 手びねりで軽い器を作る

    手びねりで軽い器を作るコツ/粘土削りの極意/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/29
    手びねりで軽い器を作るコツについて書いてみます。 やはり何と言っても軽く作るには・・・粘土削りの極意を習得する必要があります。 これは、手ロクロや電動ロクロを使っての成形時にも同じことが言えますが、キモの部分の粘土を削り落とせると・・・一気に軽く感じる器を作ることができます。   粘土成形は、成形手法に関わらず・・・重くなる部分と言うのが決まっていまして・・・ズバリ・・・「高台周り」になるの...
  • テラコッタ作品カバくん

    テラコッタ作品/カバくん/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/27
    テラコッタ作品をお預かりして焼成する予定なので、概要をご紹介いたします。 お隣の川口市在住のお客様からのご依頼で、今回2回目なのですが、テラコッタ(主に彫刻などに使う焼くと赤くなる粘土を使った作品の総称)作品として焼成予定です。 作品タイトルはお聞きしていませんが・・・毎回、「カバくん」を題材にした作品です。 今回も「カバくん」の存在感が際立つ作品になっていました。 前回に比べると、大きさがかな...
  • 焼き物のネームプレート

    焼き物のネームプレート/ギャラリー展示/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/25
    先日、焼き物のネームプレートを作りました。 やまざ器ギャラリーの展示用で、大雑把な焼き物の種類を表示したものです。 ホームセンターで売っている檜の板材を貼り合わせてプレートを作り、名前を貼り付けました。 実は、かなり前からやっているのですが・・・必要により作り直して文字を変えて使ったりします。   やはりギャラリーは、なんの説明もないと・・・展示していても寂しいものですが・・・簡単なプレート...
  • 名前やロゴを入れる

    オーダーメイド の陶器/名前やロゴを入れる/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/23
    以前にお作りしたオーダーメイド の盃のご紹介です。 このお客様は、盃(ぐい呑)の4個セットで、高台内にご自身の名前やごロゴ(マーク)をご希望されていました。 焼成方法は一任してくださいましたが・・・楽窯の焼成で、炭化処理を施して焼成した記憶があります。   この盃は、形はオーソドックスでシンプルなのですが・・・やはり、楽焼特有の一品一品仕上がりに変化があることと、高台周りの存在感があって記憶に...
  • 織部絵皿のオーダーメイド

    織部絵皿を楽しむ/オーダーメイド でご対応/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/12
    織部の絵皿は、日常の食器として使っても楽しいものです。 さいたま市の「やまざ器」では、織部の絵皿をご要望にお応えしたオーダーメイド にて製作しております。 やはり織部の緑色、鉄絵の茶色、透明釉、土灰釉などの色合いが独特な雰囲気を持っていて、食卓の雰囲気を盛り上げてくれますね。   織部の絵皿は、作る側からしても実に楽しい器です。 何故かと言うと・・・絵柄の装飾に自由度が高いからです。 基本...
  • オレンジラインのカップ

    ほっと一息しませんか?/オリジナルコーヒーカップ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/10
    ほっと一息しませんか? オリジナルコーヒーカップで至福のお時間をお楽しみください。写真は、サンプル用に作ったオレンジラインの入ったコーヒーカップで、光沢のある黒いソーサーに載せてあります。    カップは、しのぎ(削り)の入ったオリジナルな模様をベースに、微妙に非対称の形をしています。 把手に手を添えて、カップを口元まで運ぶ動作がごく自然にできる形状になっています。 オレンジ色のラインが結構...
  • ロクロ挽きの風景

    ロクロ挽き風景/ロクロの回転方向/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/07
    ロクロ挽き風景のご紹介です。 ロクロは、焼き物を数多く作る為に考案された道具です。 そして最近の電動ロクロ(写真はシンポRK-3E)は、作動音も振動も皆無なので、ストレスなく作ることができますね。 そしてロクロで面白いのは・・・その回転方向です。    日本の陶芸関係者は、大半が右回転で使っています。 その理由は、一つには・・・教えてくれた先生の影響です。 先生が右回転なら、生徒さんも自動的に右回...
  • 陶芸本おすすめ

    陶芸本おすすめ/ステイホーム期間に勉強/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/05/02
    陶芸本のおすすめを3点ほどご紹介いたします。 どれもステイホーム期間に陶芸の勉強をするには最適です。 お楽しみください。   ●陶芸の釉薬 336の色彩帖(写真中央) 陶芸が初めての方にも分かり易い内容と綺麗な写真が豊富です。 女性作家によるセンスの良いサンプルを使っていることと、釉薬の重ね掛けの色見本が数多く紹介されています。 写真を見ながら自分の作りたい作品をイメージするのにぴったりです...
  • 蹲の焼成完了

    蹲の焼成完了/釉と緋色のバランス/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/26
    先日投稿した「蹲(うずくまる)」の焼成が完了しました。 信楽の焼き締めとは、雰囲気の違う焼成結果になりましたが、 おおよそ釉がけの時にイメージしていた、土灰釉とその合間に出る緋色のオレンジ色のバランスは・・・こんな感じでした。 まあ、良い悪いは別にして・・・普段使いの花入れとして使ってみたいと思います。   やはり器の全面に釉がけしてしまうと・・・どうしても単純な作品になってしまいますが、無...
  • 蹲の施釉実施

    蹲の釉がけ/穴窯から電気窯焼成へ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/23
    古来信楽の焼き物で「蹲(うずくまる)」と言う作品があります。 人が蹲っているような風情から名付けられていますが、信楽特有の焼き締めの茶道具です(元々は、農家の種壺だった焼き物と聞いています)。 この蹲は、やまざ器の計画では、穴窯による焼き締めだったのですが・・・事情が大きく変わり・・・電気窯の還元焼成で良い結果を出すべく施釉を行いました。 本日は、その辺をご紹介いたします。   穴窯焼成です...
  • オリジナルコーヒーカップ

    お気に入りのカップで味わう1杯のコーヒー/オリジナルコーヒーカップは「やまざ器」

    2020/04/18
    ご自宅で過ごす時間が長くなる今日この頃です。 お気に入りのカップで味わう1杯のコーヒーは・・・格別な味わいですね。 さいたま市の「やまざ器」では、オリジナルなコーヒーカップの製作販売を行っています。 量産品とは違う個性や質感が自慢です。 ぜひ、お試しくださいませ。   ●ご注文をいただいて作るオーダーメイド 商品です ●カップ&ソーサー1セットからご注文できます ●納期は3週間ほどです(1セ...
  • 織部の彩りを楽しむ

    織部釉の彩り/織部釉を楽しむ/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

    2020/04/15
    本日は、織部釉の彩りについて、思うところを書いていきます。 焼き物初心者の方に於いては・・・織部そのものが???かもしれません。  一般的には、織部と言うと・・・どうしても緑色の焼き物を想像するものですが・・・実は、それだけではないのです。    時代を遡ること400年以上ですが・・・秀吉や千利休・・・長次郎の名前は知っている方が多いと思います。 当時、茶湯の文化が大陸より伝播してきて・・・日...
  • 電気窯のサヤ焼成

    電気窯の焼成バリエーション/サヤ鉢を使った焼成/さいたま市の陶芸・陶芸教室

    2020/04/14
    電気窯の焼成バリエーションの一つである「サヤ鉢」を使った焼成をご紹介いたします。 電気窯の中で、サヤと呼ばれる容器(窯道具)に炭や籾殻、薪などを入れて、サヤの内部を還元や強還元の状態にして焼成する方法です。 写真の様子をご覧いただけると・・・ほとんど説明は入らないかもしれませんね。    電気窯の還元は、一般的には、プロパンガスのバーナーの炎を窯内に投入して、還元状態を作り出します。 ただし...
< 12 ... 10 >