BLOG

【電気窯で自然釉のぐい呑】さいたま市

2019/06/09
電気窯で自然釉

電気窯の焼成でも「自然釉のぐい呑」を作れるのをご存知ですか? やり方は割と簡単なので、陶芸教室の生徒さんの作品作りなどでも楽しめると思います。 しつこいですけど「自然釉」の定義は薪や炭を燃やした時の灰が作品に降りかかり、素地の珪酸分と反応して「釉」の状態になって作品に張り付いたものです。 これは昔ながらの知恵で、釉薬の基礎となった考え方と言われています。 ですので一般的には電気窯で期待できる品物ではないのですが・・・少し工夫すると楽しめるようになるので、要点を説明いたします。

 

答えは簡単です。電気窯の中でサヤに炭と器を入れて焼くだけです。

【やまざ器】での具体的な方法を書くとすると・・・サヤに入れる炭は、楽窯で使った「消し炭」と「炭の灰」を使っています。量としてはそれほど大量に入れる必要はなく、適当に器の下側が埋まる程度にします。この時に目土で器を支えておくことがポイントですね。これをしないと器とサヤが自然釉で張り付いてしまって取れなくなりますので(笑)。

 

電気窯の焼成は、酸化でも還元でも大丈夫です。写真のぐい呑は、還元で他の器たちと同時に焼いています。上半分は一般釉(紅志野釉)で施釉しましたが、下半分は無釉にして「自然釉」がかかることを期待して窯入れしたものです。

焼成結果はご覧のようにうまく下半分にビードロ色の自然釉が掛かって、割と思惑通りでした。

結構、楽窯で焼いた時の「自然釉」に近い状態だと思います。

この方法ですと、サヤ内はほぼ独立した焼成状態(還元)になりますので、他の焼成物と同時にたくさんの作品を焼けるので助かります。

通常の還元焼成のカップや皿はそのままに、サヤの中では、「自然釉のぐい呑」が焼き上がってくれます。

ほんと陶芸は、バリエーションが膨大にあるので楽しめますね。