BLOG

自然の題材を陶芸モチーフに取り込む

2019/07/05
自然の題材を取り込む

さいたま市で陶芸をしてます「やまざ器」です。今年は梅雨らしい梅雨になっていて、ハッキリしない日々が続いていますね。 先日も雨の中、山歩きをしたのですが、その時に撮った写真をネタにブログ投稿してみたいと思います。山歩きをすると、天気に関わらず色々な自然や景色が楽しめます。それを写真に撮って、素直に陶芸の題材やモチーフとして使ってみたいと思っています。

 

写真の題材は、山を歩くとどこにでもある笹です。ただ雨に打たれたあと少しだけ日が当たって凄く綺麗に見えましたのでシャッターを押しました。この笹薮の笹をモチーフに、コーヒーカップとか絵皿とか、記念プレートの題材に使ってみたら面白いと思っています。 笹と言うのは葉っぱのギザギザもない、シンプルな形状をしているので・・・基本的な構図が大切かもしれません。

 

普段、こんな感じで・・・身の回りの自然を写真に撮ってネタとして保管し、スタンバイしています。

ネット上でも、当然膨大な情報があるわけですが、大切なところは・・・「自分で感動してシャッターを押した写真かどうか?」だと思います。 人の撮った写真を陶芸の題材にするより、自分で感動した写真を題材にした方が、俄然モチベーションが上がりますね。要するに写真を撮った時の状況や自分の気持ちがわかっているので、その感動を陶芸に再現するってことかもしれません。

 

最近のカメラ、特にスマホのカメラ性能が格段に良くなったので、カメラを持ち運ぶことなく、目についた物を気楽に写真に収められるのはありがたいことですね。

うまく利用して、陶芸作品の質を高めて行きたいところです。

ではでは今回もありがとうございました。