BLOG

普段使いの器を作る/アイスペール/ピッチャー

2019/09/09
アイスペール兼ピッチャー

普段使いの器を作るお話です。焼酎とかウイスキーを飲むときに使うアイスペールとピッチャーですが・・・個人で使う場合、それほど大きい器は必要ではありませんし、大概アイスペールとピッチャーは別物なので、その両者を合体した小型の器を作っています。

氷はある程度の量が入りアイスペールの役割として使え、水も入れておいて・・・水だけ差せるような器をイメージしました。器の口径はある程度大きくして、氷の取り出しが容易にできる大きさにしました。また水をさす部分は、氷が一緒に流れ出さないように、注ぎ口に氷のストッパー機能を持たせました。 多分こんな感じで作っておけば・・・当初のイメージの器になってくれるかもしれません。

 

器に彫り込んだ模様は、織部の手鉢や茶碗を作るときに使った水草模様を彫り込んでみました。釉が流れて溝部に溜まり、表情を出してくれることを期待します。

把手は大きめで持ちやすい形状としましたが、指3本が入る大きさなので・・・少し中途半端かもしれませんね。

 

いずれにしましても、普段使いの器は使い込んでみないと真価がわからないないので・・・今回は試作品レベルです。 何度か改良を加えて仕上げて行ければいいと思います。

ちょっとした思いつきで自分なりの器が作れるところが陶芸の楽しいところでもあります。

ご一緒に陶芸を楽しんで行きましょう。