BLOG

カップ&ソーサーのコーディネート/使う楽しみ

2019/10/05
いぶし黒と備前ソーサー

珈琲カップとソーサーのコーディネートを楽しんで珈琲を味わっています。 今回は、以前に作った「いぶし黒」のカップと備前ソーサーを組み合わせてみました。 各々焼成した時間軸は全然違うのですが・・・色々なカップ&ソーサーのコーディネートをすることで、使う楽しみが増えてきますね。

 

いぶし黒のカップは、焼成の冷却時に還元環境にすることで、カセた渋い感じの色合いが出てきます。 ソーサーは穴窯で焼いた「ぼた餅」風の備前の皿です。

共に珈琲の色合いが似合いそうな雰囲気なので、自然な感じでマッチしました。

 

焼き物は、「作ること」と「使うこと」の両方がエンジョイできます。「作ること」に集中した後に、「使うこと」でさらに喜びが増すので・・・かなり得した感じになりますね。

カップ&ソーサーの場合は、さらに珈琲そのものの味にも興味が広がっていきますので・・・「やまざ器」でも結局、珈琲を自家焙煎してご提供(無料サービス)することになってしまいました(笑)。

カップ&ソーサーのコーディネートと自家焙煎珈琲の味わい。どちらも極めるには時間と努力が必要かもしれません。

 

皆さま ご一緒に陶芸を楽しんでいきましょう。