BLOG

テラコッタ彫刻作品の搬入/さいたま市やまざ器

2019/11/02
テラコッタ彫刻作品の搬入

さいたま市のやまざ器です。本日は、彫刻作品を製作されたお客様から、その作品の焼成依頼を受けましたので、ご紹介させていただきます。 そのお客様はお隣の川口市の方で、テラコッタ用の粘土を使って彫り込んだ、ユニークで愛らしい作品をお持ち下さいました。 おそらく陶芸で言うところの「素焼き」の条件での焼成だと思われましたので・・・焼成をお引き受けしました。

 

テラコッタと言うと、一般的には建築などの建造物に使う彫刻作品という認識かもしれませんが・・・元々はイタリア語の 「テラ=土」を「コッタ=焼いた」と言う意味で、要するに焼き物の釉薬を掛ける前の「素焼き」の状態と理解しております。 ただ粘土が鉄分を多く含んでいるので、焼成すると赤味のかかったオレンジ系の色合いに焼かれるイメージです。

 

お客様の持ち込まれた作品は、どれも丁寧に仕上げられていて・・・茶碗やカップ、お皿などを見慣れていると、だいぶ印象の違う作品に見えますね。 陶芸ではよく「細工物」と言われるカテゴリーで、歴史に残る著名な故人がたくさんの作品を残しております。

 

そんな訳で・・・近々のうちに素焼きになりますが、やはり当面焼成温度は800℃でしょうね 。 ご存知のように、粘土は、その含有する鉄分量と、その焼成温度により仕上がる色合いが変わってきます。 一度焼かせていただき、その後はお客様と相談しながら、焼成条件を探っていきたいですね。 

 

皆さま ご一緒に色々なチャレンジをしていきましょう。

ありがとうございました。