BLOG

釉がけのバリエーション/陶芸のさいたま市やまざ器

2019/11/16
織部篭花入れの施釉

焼き物作りの釉がけは、色々なバリエーションがあって何度作品を作っても、毎回楽しめますね。 今回ご紹介するのは、壺を切り抜いて彫刻風なアレンジをした作品で、魯山人の「篭花入れ」を大きくしたようなイメージになります。

意匠面全体に、櫛目の模様をザックリと施してあるので・・・やはり織部釉との相性は抜群だと思います。 織部釉は、流れやすい釉薬なので、素地の凸凹に沿って流れますので、櫛目の溝に溜まるところがポイントになります。

 

釉がけの作業は、釉の入ったバケツにどぶ漬けする場合もありますし、柄杓を使って部分的に強弱をつけながら掛ける時もあります。 他には霧吹きで吹く方法などもありますが・・・今回の場合は、一番素朴な「筆塗り」を選択しました。 

やはり筆塗りの場合、釉薬の厚さ調整が自由にできるので、釉薬を流したい場所や溜まって濃くしたい場所などのコントロールがしやすいと言えます。 

 

太めの筆で、豪快に織部釉を塗るのは・・・相当に気持ちの良い作業になります。

茶碗とかカップの場合、ここまで豪快に釉がけをすることはないので・・・なんとも言えず・・・気持ちの良い釉がけを楽しめましたね。

 

さいたま市のやまざ器で陶芸作品作りにチャレンジしてみてはいかがですか?

小さな作品から大きな作品までお楽しみいただけます。