BLOG

織部篭花入れ2の製作中/さいたま市の陶芸「やまざ器」

2019/12/07
織部篭花入れ2の製作中

織部の緑をまとった「織部篭花入れ」のバージョン2を製作中です。 前回の製作は、縦長の花入れでしたが・・・今回は、横方法にボリュームを増して・・・形状を大きく変えた「篭花入れ」を目指しています。 

 

前回同様に、紐作りで徐々に粘土を積み上げながら・・・乾燥が進んだ部分から、剣先で粘土を切り取る作業を並行して行っていきます。 陶芸作品でありながら・・・彫刻の気分を味わいながらの作業は、すごく楽しいモノですね。 自作した木櫛を使っての櫛目模様を施す場面で・・・一気に創作意欲が高まりますね。

 

バージョン1では、粘土の切り抜きや櫛目模様が単調になりがちだったのですが・・・今回は、少しだけ変化を加え・・・篭の網目に少し変化を加える方向で製作中です。

作業そのものは・・・陶芸教室が終わった夜間に実施する場合がほとんどなので・・・マイペースで少しづつ作業を進められるのが、紐作りの利点かもしれません。

とにかく、作品が大きくなると・・・粘土の自重で作品が変形してきますので・・・乾燥が進んだのを確認して、粘土を積んでいく作業と、粘土を切り抜く作業を同時に推進する必要があります。

 

粘土の切り抜きや、櫛目をつける作業は・・・圧巻ですよ。

陶芸は、作る作品が大きい小さいで作る難易度を測ることはできませんが・・・作品が大きくなると・・・手や体を動かす範囲が大きくなるので・・・体力を使うことは間違いありませんね。 ある意味、体力、気力勝負の作品作りになるのかもしれませんね。

 

皆さま、ご一緒に陶芸作品作りを楽しんでいきましょう。

さいたま市の陶芸・陶芸教室「やまざ器」でした。