BLOG

手捏ねによる茶碗成形/楽焼体験フルコース/さいたま市の陶芸・陶芸教室やまざ器

2020/02/11
手捏ねで茶碗を作る

本日は、手捏ね成形による楽茶碗作りのお話です。 聴き慣れない言葉かもしれませんが、楽茶碗は、手捏ね(てづくね)で作ることを基本にしています。 「手捏ね」が陶芸で通常行われる玉作りと大きく違うのは・・・平板に粘土を伸ばして・・・パンケーキのような状態から、角を持ち上げるように成形していくところです。 ただもう少し厳密に説明するならば・・・表面上の成形手法の違いではなく・・・自身の手の平を使って、抱え込むように作り上げる精神性の違いが最大の相違点かもしれません。

 

とにかく、茶碗を成形する時に、自分の手の平で温めるように抱え込んで作る作業は・・・自分の感情が自然に茶碗の中に入り込んでいきます。 精神集中しながら、平らな粘土板から立体の茶碗に持ち上げていく創作活動になりますね。 玉作りは、粘土玉に穴を開けながら・・・押し広げて器形状を作り込んでいきますので・・・いわば、できなりの茶碗形状に流れがちです。 

手捏ねは、その部分が大きく違うと思います。 要するに・・・意識して持ち上げて行かないと形にならないからですね。 重力に逆らって、イメージしている形を作り上げることが手捏ねの最大の特徴です。

 

添付した写真は、都内から楽焼体験でお越しくださったお客様の作業風景です。

以前、楽焼作りのご体験があるようなのですが・・・今回、さいたま市の「やまざ器」まで足を運んでいただき・・・手捏ね成形から施釉(加茂川石粉施釉)、楽窯による焼成までご体験される「楽焼体験フルコース」にご参加くださいました。

 

本日は、手捏ねにより茶碗成形にチャレンジです。 手ロクロはなるべく使わないで、手のひらで抱え込んで成形する「手捏ね」のご体験です。 最初は、あまり細部に拘らず、おおらかに形を成形していきます。 粘土が半ば乾燥してきたところで、ヘラ削りで形を整えていきます。

すごく気持ちの良い作陶風景になりました。 お疲れ様でした。

 

埼玉県さいたま市の「やまざ器」は、初心者から経験者まで楽しめる陶芸教室です。

地域密着の陶房として、浦和を中心とした周辺にお住まいの陶芸に興味のある方々に、陶芸の楽しさを味わえる陶芸体験や陶芸教室を実施しております。

また、完全予約制・少人数制の陶芸体験や陶芸教室のため、ご夫婦やカップルはもちろん、お子様でも安心してお楽しみいただけます。

ぜひご興味のある方は一度体験にお越しください。