BLOG

陶芸で動物シリーズ/ドラゴン茶碗を焼く/さいたま市で陶芸なら

2020/06/27
ドラゴン茶碗を焼く

前回に続き、陶芸で作る動物シリーズです。 今回も動物と言っても・・・ドラゴンです。 やはり頭の中によぎるイメージの動物を題材にするのが好きなのかもしれません。 写真の茶碗は、楽焼という焼成方法で製作中のドラゴン茶碗です。 茶碗の壁面にドラゴンや稲妻を彫り込んで、独特の雰囲気を作りだす努力をしています(窯から引き出し、この後水冷却を行います)。

 

写真で茶碗の周りに張り付いている黒い棒状の物体は・・・稲藁(いなわら)です。 焼成前の茶碗に稲藁を巻いて焼成する「火襷(ひだすき)」と言う備前焼の手法を楽焼に応用して焼成しています。

 

陶芸は、縄文土器の時代を含めると、13000年もの歴史を持っている特別な工芸です。

その題材に自然の風景である動物や植物、また身近にあるちょっとしたモノが題材に使われていたのは自然なことですね。 ですので・・・頭の中にひらめいた固有の景色を、気楽な感じで器に再現するのは、実に楽しい創作活動になります。

 

さいたま市のやまざ器では、陶芸初心者の方から楽しんでいただける陶芸体験や陶芸教室を開催しております。 ご予約による少人数・個別指導で行っていますので、コロナ対策を実施しながらの実技をお楽しみいただけます。 お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

●陶芸体験・陶芸教室の雰囲気(パンフレット)

https://www.yamaza-ki.com/news/classes/20200524-3519/

●ご利用料金など

https://www.yamaza-ki.com/concept/reason/